初冬 伊達紋別岳

 


山遊日:11月13日

 

ようやく雪も止み〜〜出発!

登り

1時間50分
      下り        

1時間40分


登山入り口

3度目?の「春香山」も本日断念!muraさんには、裏庭で近い山ですが、、我々には、、あぁ〜〜〜遥か山ですわぁ〜^_^;

てな訳で、ちょっと南下してみようか、、南日高か室蘭方面は?・・と、前日、syoさんから電話が入り、室蘭方面にしましょ・・なんて、午前5時40分に江別を発ちます。苫小牧まで入り、ここからETCの通勤割引で高速に乗ります。

車窓から外の樽前山を見るが、、雲の幕で全く見えない。樽前PAでsyoさんと待ち合わせし、カムイヌプリか?室蘭岳か?はたまた、車窓からその姿が見えないのだ ^_^;

じゃ〜〜伊達紋別岳まで!しかし、霧雨から雨・・大粒との雨と変わります。伊達ICをおりて、二つ目の信号を左折して、道沿いに行くと「太陽の園」につき、ここに登山口がありますが、登山者の駐車場はちょっと離れた所にありますので、ここに駐車。しかし〜〜〜〜〜〜〜〜 ^_^;

なんと!大雪が降ってくるじゃありませんかぁ〜

最初からの急登

空を見ても、真っ暗状態〜〜我々の心も・・真っ暗 ^_^;

まぁ〜〜とりあえず、行ける所までの信念を持って?全員レインウエアーを着込みます。akiさんは、最近買ったばかりのフェニックスのレインウエ アーです。こんなに早く着れるとは〜嬉しいやら?哀しいやら〜〜〜〜

ワタシャ、新調の革靴を履かずに、、「長靴」スタイルでの出発です。

おやぁ〜〜??雪がすっかり止んではありませんかぁ〜(^^)

すっかり葉の落ちた木々の間を、まずは、登山口向けての急な登山道を登っていきます。

「えぇ〜〜もう〜ここから急なの〜〜〜」

「はい!ここは、最初から急登なのです。」

 

ここが登山口

5分ほどで登山届があり、記帳します。一番登りなんですわ〜<このお天気じゃ・・ね>

はて?syoさんの姿が見えません?後ろから付いてきたよね〜?どこへ?

おぉ〜〜い、、、syoさ〜〜ん!返事がありません?はて?再び三度、呼べど〜〜返事が無い〜〜??

ようやく・・・返事が〜〜〜「なに?電池がないって?」

「?」・・・・・「電池??ちがいます〜〜返事がないっていったのですよぉ〜〜^_^;ちょとした勘違いデスタ。

8時15分、登山口スタートです。登山道には、うっすらと雪が降っています。まるで、粉砂糖をふりかけたみたいに・・

登るにつれて、雪の量も多くなってきます。

朝日を受けて、落葉に積もった雪を踏みしめて・・

 

次へ