オロフレ山

下山後の紅葉狩り

 

山遊日:10月30日

登り

1時間5分
      下り        

1時間


ダケカンバの葉は全て落ちてしまった登山口

本日の計画では、同行のmuraさんの庭?の「春香山&芋掘りツアー?」でしたが、、昨日から天気が怪しく、朝、4時に目覚めても、、屋根に叩きつける「雨」の音。本日 の山遊び中止か??天気予報と現在の雨の状況を確認する。札幌近郊は無理だなぁ〜〜〜〜〜  ん? 苫小牧、室蘭地区が比較的穏やかな?天気みたいです。徳舜瞥?伊達紋別?オロフレ山???さて、さて、、どこにしようか?

そうだ!まだ未踏「オロフレ山」に・・・早速、今回同行のmuraさん、rumiさん、山登り初めてのwakaさんに電話して、午前6時半に高速で札幌南ICに入る。もちろん!ETCの通勤割引利用です。高速を飛ばすと「雨」 も止み、、なんと!恵庭岳、風不死岳、紋別岳、樽前山 の山並みが綺麗です〜〜

樽前も風不死もいいなぁ〜・・なんて、ちょっと、オロフレ山から離れて、、心が揺さぶられます〜・いや、いや、、未踏の「オロフレ山」へ・・・・・・・・登別東ICで降りて(札幌南ICから92kmで半額の1250円也^_^;)オロフレ峠を登っていくと〜〜あぁ〜〜〜お天気が段々と悪くなるではありませんか〜〜

いやぁ〜〜〜やはり?苫小牧か?・・・いや!絶対に晴れる!晴れる!!道中、、紅葉は完全に終わっていて、峠の木々は寂しいかぎりなのです〜

8時展望台の駐車場に到着。暗い〜〜〜^_^; 一台の大型バスが止まっていて、10数人の登山者が準備をしています。我々が準備の間に、ご出発!バスも、、駐車場をあとに出発しました。広い駐車場には、我々の車一台だけです。

さすが、この時期、空気も冷たくて、アウター一枚着て、、さぁ〜〜〜出発〜〜!空は鉛色・・・・晴れるのか? はたまた悪くなるのか???

午前8時22分登山口を出ます〜おっと〜〜その前に、路上に落ちている?登山口標識をもって、記念写真を撮ります。

寂しいなぁ〜〜

木々の葉は全て落ちて、落葉もかさかさ状態。鉛色の見通しの良い?登山道が、、なにか寂しげなのであります。

先頭に、muraさん、ワタシは最後尾からテクテク〜と歩いていきます。ゆるやかな、登山道を進むとやがて、展望が利いてきます。両サイドは笹、、、、鉛色の 空からまるで、スポットライトを海面に当てるように、、海面の一部が光って見えます〜〜あぁ〜〜〜これだけは〜〜綺麗だな〜〜〜早速、写真を撮りますが、逆光のため?その美しさそのままでは、上手く撮れません  デシタ ^_^;

どんどんと前に進みますといきなり〜叫び声がぁ〜〜・・・

わぁ〜〜〜〜すごい!〜〜〜〜すごい〜〜〜

      ?  なんだべ??

光る〜〜海〜〜

第一の叫び声箇所

スパッと切り立った〜羅漢岩

 

次へ