芦別岳

(1726.9m)

【 新道〜旧道コース 】

 山遊日:9月17日


登り

  4時間 5分(新道コース):山頂(25分)

下り

  6時間30分(旧道コース)


今回で3度目の「芦別岳」は、登り”新道コース”、下り”旧道コース”の周遊。旧道コースからのあの、マッターホルンの様な鋭鋒を見てみたい。

前日に「太陽の里」キャンプ場にてmさんと、sさんと待ち合わせで、車中泊。3連休のためか、大勢のキャンパーがテントを張っています。夜遅く着き、車中にて夕食とミニ宴会。さぁ〜〜〜明日は、早いので寝ようと、、トイレに行くと、中年の男性が酔って口論!トイレから出ると、なんと芝生で寝転んでの喧嘩!だめだ、こりゃ・と思い、、車に戻り・・・就寝Z ZZ・・・・(隣のテントのグループ10数名の出来事ですが・・・彼らは、明日、旧道から山頂を目指すとか・・・・・大丈夫かいな???)

午前4時起床!車一台を旧道登山口にデポします。まだ暗いですが・・・すでに数台の車が駐車していてます。空スペースに車を駐車。戻って、新道コース登山口へと向かいます。ようやく、明るくなり、軽く食事をとっている所に、先行者さん2名が先に登って行きます。

我々も、準備を整えて、午前5時5分、出発です。まだ夜が明けきれていない登山道。樹林帯の中だけに、まだ薄く暗さがあります。

登山道を登っていると、背後から朝日が昇ってきます。

オレンジ色の朝日の光が、樹林帯を照らします。おぉ〜〜〜綺麗ですねぇ〜〜〜〜^

木々の間から、スポットライトがあたるように、木々の幹、そして濃緑の草木がオレンジ色に染まるのですわぁ〜

空も青空・・・、、気温も寒くもなく、、心浮き浮き〜〜〜出だしは快調!

なにせ、約18kmの長丁場!決して楽な登山ではない。

まぁ〜〜あせらず、ゆっくり楽しみながら行きましょう〜〜

新道コース登山口
オレンジ色に染まる木々

太陽の光が、オレンジ色から、明光色に変わります。途中「呻吟坂・・負けるな〜〜」、、この急登りは、樹林帯で見晴らしもよくなく、ただひたすら登り続けるため・・・元気印の看板ですね〜

6時18分(登山口から1時間13分)で「見晴台」です。

おぉ〜〜〜広がる〜〜富良野平野!その奥の「十勝連山」は、うっすらと見えます。あぁ〜〜墨絵のようですねぇ〜〜

ここで、小休止。途中で先行者さんを追い抜き、ここで、追い越されます〜〜「また、追いつきますねぇ〜〜^_^;」

急登を終えて、緩やかな登りに変わり「覚太郎コース」の分岐”鶯谷”に到着です。6時59分(登山口から1時間54分)

さぁ〜〜〜ここから、細尾根の登りで、右手には北尾根の夫婦岩が見えてくるはずです。この晴天だもの〜〜素晴らしい景観を期待しましょう〜〜〜(^^)

負けるなよぉ〜〜
見晴台から早朝の富良野平野と十勝連山を望む 覚太郎コース分岐
 

次へ