十勝幌尻岳

 (1846m)        

 

 山遊日:7月2日

 


登り

3時間20分

下り

2時間20分


前日は、「剣小屋」泊。我々だけの貸切かな?と思ってましたが、2名様が夜遅く到着。

前日の超ショートコースの「沙流岳」の疲れもなく・・・・早目の就寝でした。。^_^;

夜中に目が覚める。。なんと!満天の星空!・・・・そして、午前4時起床。朝焼けが綺麗です。

軽く食事をして、5時に剣小屋を出発します。途中の上美生から、まるごとの「十勝幌尻岳」が見えるじゃありませんか〜55号線から広野から216号線を右折して、八千代に向かい、拓成から林道に入ります。

十勝幌尻岳は、3年ぶり・・3年前は6月21日に登ったのですが、急登の「シラネアオイ」が綺麗で印象に残っています。それも、、白いシラネアオイの印象が強かったデス。

さて、未舗装の林道を走ります。。ここで、mさんが、「4月にこの林道を8km歩いて、札内岳に登ったんですね〜、、カンジキはいて、、テクテク・・・・車なら速いですねぇ〜〜」

本日は、我々が一番乗りかな??と・・思いきや、、林道には、新しい車の跡がついています。。

剣小屋から約40分で登山口到着です。驚きぃ〜〜〜〜!すでに数台の車が駐車しています。そして、出発準備している登山者が数名おります。

車を駐車して我々も準備します。行程は、標高差1206m、登り予定は3時間50分。<4時間切ればいいかな>

5時50分登山口を出発!

若いグループの2組の内、一組が先に出発しています。準備中の、もう一組のグループさんとお話しすると・・北大の山岳部??いや、いや・・山岳サークルのメンバー総勢10名で、昨夜は、半数が戸蔦別ヒュッテ泊、そして半数が夜行列車で着たとか・・・

これは、これは、、若い者に負けじまいと?年長組みは?出発するのであります (^^ゞ

登山口から最初はオピリネップ川沿いを歩いていきます。雪解け水のせいでしょう〜水量が多くて、、川の流れる音が大きく聞こえます〜

土場を過ぎて直ぐにしっかりと掛けられた川橋を渡ります。

川の水は清流で綺麗で〜〜す。

登道は、、育ちすぎった?大きな蕗の阻まれ、、蕗漕ぎデス。大きな蕗の合間に、カラマツソウが真っ白な花糸を咲かせています。

登山口(先行者さんが出発しました)
清流の川を渡ります
濃い緑の樹林帯
2度目の橋渡り 川沿いを慎重に歩くのです
 

次へ