登山道は、笹が刈られて歩きやすいです。

おや??手製の案内板?

「おおまがり」?なるほど、、大きく曲がっていますが・・なんだべ?

登山道脇には、エゾシオガマがたくさん見かけます。

真上から見ると、、白い花びらが、まるで、風車のようです。

細いダケカンバも綺麗ですねぇ〜〜

 

 

先を行く、、、muさん「あっ!黄色の花がたくさん咲いていまぁ〜〜す」

ありました、ありました、、「オトギリソウ」です。

3年目も、、稜線に出るあたりからありましたので・・期待していました。

おぉ〜〜〜〜あちこちに、黄色い花、、つぼみ?赤い実をつけて、

それぞれ、色々な顔も見せてくれます。

 

<最後にその様子をお見せします>

 

 

 

風も強く吹きます。

おぉ〜〜雲の途切れたところから、、まるで雲に穴があいたように

岩内の街と日本海が見えるじゃありませんかぁ〜〜

 

ここは、まさに・・「オトギリソウロード」なのです。

立ち止まっては、写真を撮り、、また歩く・・

その繰り返しなのです。

笹はゆれ〜〜〜風も段々と強くなりますが・・

冷たくはなく、、涼しげに感じる風なのです。

ここから、広い稜線歩きですが、、奥に見えるはずの

「白樺山」山頂付近は雲の中です。

 

 

 

 

そして、muさんの大きな声

「エゾカンゾウだぁ〜〜」

ほんとだぁ〜〜

風に揺れて、右往左往しています。

いや、いや、、咲いていましたねぇ〜〜

「ところで、なんでこの花の名前覚えているの?・・・はて??」

聞くと・・・

「ほれ!雨竜沼湿原のパンフレット見たとき、、綺麗な花だなぁ〜〜

と思って、覚えていたのです。綺麗な花に・・感動!カンゾウ????」

と下手な駄洒落を言うのであります。

ワタシと変わりないか??

(^^ゞ

 

 

 

 

次へ