徳舜瞥山〜ホロホロ山

           (1309m)     (1332.4m)

 山遊日:10月9日


登り

登山口〜徳舜瞥山(1時間15分)〜ホロホロ山(25分)

下り

ホロホロ山〜徳舜瞥山(20分)〜登山口(1時間)


この週末に掛けて、全道的にお天気が芳しくない!7日〜8日は、台風並みの低気圧が北海道にあり、風、雨が強く、本日の山はどうだろうか?

3年ぶりに「徳舜瞥山〜ホロホロ山」です。お天気回復を願って、ちょっと遅めの江別発!

おぉーーーっ、車窓から見える風不死岳、樽前山は雲ひとつないシルエットととして見えるではありませんか (^^)

これは、期待できるね。。千歳に入り、支笏湖方面から美笛を抜けますが、、、平地の紅葉はまだ早いデス。

美笛峠を越して、大滝の三段の滝から見る、徳舜瞥山は・・・

あれれれぇ〜〜〜〜〜〜〜なんで、なんでぇ〜〜〜〜〜、、、、、  ^_^;

なんと、徳舜瞥山の周りだけが、暗雲!もちろん、山頂は真っ黒な雲の中なんですわ〜

8時に駐車場に到着します。

3年前に来たときは、この林道が工事中で、登山口までテクテクと歩いていきましたが、、今は立派な駐車場となっていて、登山道の案内板もあります。

一台の車が駐車。車を降りる!

雲の流れが速く、、山頂へどんどんと暗雲がたまっています。ちょっと、待ってみよう〜5分、10分、15分。。。。

むむむ〜〜〜〜・・・・・・・、、、、、もう一台の車が着ます。

8時25分!山頂が見えたぁーーーーーーー!

早速準備します。

駐車場に着いたら、山頂は暗雲の中<青いのが案内板、液晶TVではありません>
段々と雲が切れます、、が・・風強し!

それから、車が数台到着します。

8時35分に本日2番目?の出発デス。登山口は、ここから1,2分登った所にあり、「徳舜瞥山まで100分」の標識。

登山届けのボックスがありますが、なにも入っておりません。

標高700m地点、5合目からの出発です。ゴロゴロとした岩をまたぎながら、崩れた木道を抜けますと、2箇所に「立ち入り禁止」の黄色のテープで遮断されていますので、間違うことはありません。

やはり、雨が降っていたのでしょね〜地面がぬれて、木々のまだ緑色の葉がずいぶん落ちています。木々の間から紅葉は?と・・・覗きますが、、葉のない木々だけです。

登山口から15分で、水場のある「6合目」到着です。」

おぉーーー、、ついに!山頂が見えたのら〜〜
登山口 6合目の水場
 

次へ