トムラウシ山 

(扇沼山〜三川台〜トムラウシ山)

 山遊日:7月30日〜31日


登り

 登山口〜扇沼分岐(1時間30分)〜三川台(2時間30分)〜   南沼(2時間)〜山頂(25分)=7時間25分( 徘徊・休憩時間含)

下り

 5時間30分(南沼キャンプ場〜登山口)


今年のテーマのひとつ「あの素晴らしい〜〜感動をもう一度!”

それは、神々の庭の光景と、ナキウサギとの出会いを求めての山遊びなのであります。

今回のトムラウシ山までの計画のために、いままで体力をつけて準備していました。お天気が良くない!あぁ〜〜計画も断念か?しかし!天気回復なのです〜、、当初の計画は、トムラウシ山徘徊を含めて2泊の予定でしたが、このお天気で、一泊に変更、前日は移動日となったのであります。

前日のに旭川の西神楽公園キャンプ場に宿泊。偶然にも、「ほたるまつり」が開催されてい て,テント前で夕食を済ませ、暗闇が迫る頃、、キャンプ場の小川に行きますと、、なんと!大勢のキャンパーがたむろしています。。そして・・・おぉ〜〜〜〜光っているぅ〜〜飛んでるぅ〜〜”ほたる”です。早速、テントまで戻って皆さんを呼んで、”蛍の光”の見物です。何年ぶりかなぁ〜〜、いや、いやーー、、何十年ぶりの”蛍”でした。。  夜空も今日の蛍のような星空だといいなぁ〜〜・・・・なんて、9時半には就寝の西神楽公園キャンプ場でした。。。

明けて、30日午前4時に起床!青空はないものの、上々のお天気です。軽く朝食を済ませ、午前5時10分にキャンプ場をスタート!向かうは、俵真布林道!

二つのゲートを開錠して、登山口到着は5時50分。登山口には、2台だけ駐車していまして、先行者お二人さんが、出発の準備中です。

我々が準備をしている間に、お二人さんはご出発!行けるところまでの日帰りだそうです。

6時10分、我々も出発です!一年ぶりのテント泊、3年ぶりのトムラウシ山へ・・それぞれ思い と重い?ザックを背負って、、、GO!

 

「ここが、感動への入り口」
さぁ〜〜重い荷物を背負って出発!

空は曇天!まぁ〜〜いつかは晴れるさぁ〜〜

先頭を行くmさん、続いてsさん、oさん、そして撮影のワタシなのであります。

最初は、平坦道、、昨年同時期に登ったときは、登山道はぬかるみで、大変でした。。ぬかるんだ登山道に、この重いザック!あぁ〜〜〜大変だなぁ〜〜なんて、覚悟しての登りでしたが、、なんと!なんと!土は乾いていて、登りやすいのですわぁ〜〜 (^^)

緩い登りを55分。そして、難関の岩場に到着です。ここで、ワタシが先頭に行きます。なるべく、緩やかな岩場と足場を確認しながら登っていきます。左手を見れば、「旭岳」の雄姿も見えてきます。はて?何故か?身の軽いワタシ??トントン〜〜と、岩場を登っているじゃありませんかぁ〜〜・・これも、今まで 準備してきたせいかな?重い荷物を背負っている割には、身体が動くのです〜〜(^^) 異変か???^^; 軽いのです〜短い足で順調に登るのであります。。

曇天ですが〜〜お天気を期待しましょう〜
難関の岩場を登る皆さん ほれ、ほれ〜旭岳も見えますよう〜〜
 

次へ