もっこり濃緑 ウェンシリ岳

(1142.3m)

01

 

 山遊日:6月25日


登り

2時間20分

下り

1時間50分


前日の24日は、移動日で上川町の「浮島湿原」見物。曇天、今にも雨が降りそうなお天気でしたが、なんとか雨にもあたらず、チングルマが白い花を咲かせておりました。ここから、滝上経由で西興部の街に入り、街中にある西興部森林公園キャンプ場で前泊です。時間があるので、ゆったりと「 ホテル森・夢の湯」に入ってきました。入浴後、公園でゆっくりしていると、登山姿の年配のご婦人が歩いてきます。

「登山ですか?」  「はい!明日、町民登山会で、氷のトンネルコースから8時に出発です」・・・・・・

広い公園で夕食を済ませると、また一台の車が着ます。この方も明日の登山会に行くとか・・・この方は、北尾根コース。

2コースに分かれての登山会らしいです。これは、早めに出発せねばと早めの就寝。。。。

25日早朝、、快晴!(^^) 軽く朝食を済ませて、滝上方面に向かいますと、10kmほどで「ウエンシリ岳中央登山口」の案内標識があります。濃霧!!お天気が心配そうなyuさん。不安な顔つきですが・・「大丈夫!絶対・・晴れますよ〜〜」

ここから、2kmで登山口です。途中にダムがあり数台の車が駐車しており、湖面にはゴムボートが数隻。釣り人ですね。

やがて、濃霧も消え、青空ですぅ〜〜〜

車を走らせ、、案内板がみえます。登山口はここかな?案内板を見ると、現在位置と登山口が異なります。もっと、奥かぁ〜〜〜なんて、走るとどんどん下っていきます。登山口がない??? やはり、先ほどのところか?ユーターンして、先ほどのところに戻り、車を降りて、良く見ると、、白い大きな「登山口」の案内支柱が倒れているじゃありませんかぁ〜〜

この支柱が立っていれば、なんのことはない!登山口と分かったのにねぇ〜〜なんて、重い、支柱を一人で立てかけます。ふぅ〜〜〜〜〜〜

さて、さて青空・・・・早速、準備をして、6時20分、”北尾根コース:中央登山口」を出発します。新緑の木々の葉の色も濃くなっています。暑くなりそうです。

これが、大当たり〜〜〜〜・・・・登山口からの登り、、、これが樹林帯の中、蒸します〜〜暑いです。。おっ!ゴゼンタチバナが咲いています〜〜(^^)

前を行く、yuさんの姿はもう〜見えなくなり、、ワタシは、オニューのカメラの試写しながらの尾根歩きデス。

それにしても、暑い!ましてや、エゾハルゼミの鳴き声が・・暑さを増幅させます。10分・・・15分・・汗が吹き出ます。。20分、、、、ようやく、急登を終えて〜〜ほっ!

812m地点です。ここから急登も終了。。

ふぅ〜〜一息入れます

国道272号線にある登山口案内板
ここが登山口(案内板から2km地点)
(樹林帯の緑も濃くなり・・)
(登山口から直ぐに急登のはじまりです) (ゴゼンタチバナがたくさん咲いています)
 

次へ