徘徊 雨竜沼湿原

(花パラダイス)

 山遊日:7月21日


登り

 1時間20分   木道徘徊:2時間

下り

 1時間00分 


久しぶりの平日での山遊び。どこも混まないようですが、本日はkamiサンと同行の、雨竜沼湿原の徘徊です。朝、ゆっくりの出発は江別発7時<前日、久しぶりのススキ ノのでちょっと疲れ気味で出遅れた? ^_^;>

低雲、曇天が広がります。雨・・大丈夫かな?新十津川あたりで小雨がぱらつきます。ちょいと、、、不安なのであります。

雨竜の町から、登山口案内標識を左折。ここから約26km走りますが、途中「暑寒ダム」を過ぎたところで、簡易舗装の個所がありますが、、ここが倒壊した林道の復旧個所でしょう〜。

走る車窓から空を見る・・相変わらず曇天、、、「大丈夫かな?」 「大丈夫!絶対に晴れます・・・」

8時40分にキャンプ場の駐車場に着きます。十数台の車が駐車していますが・・週末に比べれば、少ないですねぇ〜 (^^)v

準備OK!管理棟で登山届をして、2枚目の控えは下山時にポストに入れるとのこと。。500円の整備協力金をはらいます。管理の方に「花はどうですか?」 「エゾカンゾウが満開ですが・・昨年より少なめカナ??」

9時丁度に出発です。前方に見える光景は、、低雲・曇天、、、「晴れろよ!」 出発地点が標高550mですから、湿原までは、約300mの標高差を登るのです。目の前にある大きな岩塔「円山」が、標高853mですから、丁度、ここからあの「円山」まで登る 高さなのです。

「えっ?あんなに高いところまで登るのぉ〜〜〜〜」「まぁ〜〜〜ゆっくり登りましょう〜〜」・・・と、話しながら平坦道をある行っていると、下山の若い女性とお会いします。「花?どうでしたか?」「綺麗でたくさん咲いていますよ、、でも、、ガスがかかって、真っ白でした・・^_^;」

おぉーーーーなんと!不安を仰ぐご意見でした。。

晴れろよ!・・・祈りつつ・・

登山届を済ませ出発
低雲・曇天・・真正面が「円山」
白竜の滝 2番目のつり橋・・ゆれます〜〜
 

次へ