長靴ラッセルの坊主山

(790.1m)

 

 

 

2007年11月23日
 登り:  1時間30分
下り:    55分

雪の比較的少ない山へ・・・・・

昨年、11月26日の登った「坊主山」。今年の積雪の状況は分からないですが、、まぁ〜〜雪が少ないだろうの判断で江別を7時に出発します。天気予報では、夕張あたりまでが「雨」。その通りの雨の国道を走行します。<坊主山も雨かな・・・ 。。フロントガラスに当たる雨を見ながら、ちょっと、不安気、、、、> 穂別のキャンプ場付近から雨が止みますが曇天。国道274号線を「はくあの湯」のある信号を右折して、道々74号線に入り、稲里を進み、左手に「坊主山」登山口の案内標識があります。道路には30〜40cmほどの積雪があり車が通った跡はついています。

こりゃ〜〜たいした積雪だわぁ〜〜昨年とえらい違う雪の多さに、びっくり!不安!登山口まで走行できるのだろうか???

道々から「坊主山登山口」の案内板が見えます。ここを左折するのでありますが・・・・先行車は あるのか????おっ!一台の車のタイヤの跡が、、林道についています。 ホッ!ここで、4WDロックに切り替えて走行します。登山口まで約5.5km!

途中で、、・・・・あれれれ〜〜〜〜っ、対向車です。積雪の狭い林道!お互い注意しながら交差!交差する時おたがい窓を開け、、、「どこまで行ったのですか??戻ってきたの?」「はい!途中で戻ってきました。登山か?我々は登山口まで行っていないけど、、いけると思うよ・・・」 <思う???、、、てことは、途中で、あの車のトレースがなくなるってことだね ^_^;> まぁ〜〜行ける所まで!どんどんとタイヤの跡を頼りにゆっくりと走行します。林道二股、、、まだタイヤの跡があります。彼らはどこまで行ったのだろうか???と、、突然!車をユーターンさせてた跡!わぁ〜〜〜ここであの車は引き返したんだぁ〜〜〜 どうする?行くか!パフパフの深雪の積もった林道走行の始まりです。ハンドルに力が入る!後ろのakiさんい声をかける余裕すらない。バンパーに深雪があたりフロントガラスにフワァ〜〜〜と舞い散る!カーブだ、、慎重に慎重に深雪の林道ラッセルなのです。

もう少しだな〜〜〜〜、、、やがて、、おぉーーーーーーっ!着いた!登山口だ!ハンドルから手を 放しているのですが、、震えが・・・・・^_^; 後方席のakiさんが「 ご苦労!」 ふぅ〜〜ヘナヘナ〜 (^^) ここまで来れば車もバックできて安心!

さて、登山道はどうだろうか?車を降りて深雪を踏みます。雪の深さは?20cmくらいかな?

まぁ〜〜行ける所まで行ってみよう!雪が入らぬように、長靴の紐をしっかり結んで、ダブルストックを両手に持って、ザックの中にはランチタイムの「ジンギスカン」と「ラーメン」を担いで、午前9時 5分、長靴ラッセルの始まり〜〜始まり〜〜〜 降ったばかりの雪なので雪は軽いのですぅ〜〜

深雪積雪の林道
登山口

モノクロの世界も綺麗〜〜 たっぷりの積雪
 

次へ