初冬春香山

(906.9m)

【 山頂女の夕陽/続:山頂目の勇気編 

 

 

2007年11月17・18日
 登り:  2時間30分
下り:    1時間35分

春香山の銀嶺荘で晩餐会を飲ろう! かねてより計画していた”すき焼き登山”。メンバーは、muさん、akiさん、rumiさん、syoさん、特別ゲスト?のm&mさんの7人です。

昨日,Sさんから連絡が入り、Sさんとyamaさん、F田さんの3人が「礼文塚川 右岸」から入り、廃道化した礼文川林道を車で進み、藪漕ぎで「和宇尻山」山頂を目指し、和宇尻山から銀嶺荘に下降して、そこから「春香山」山頂を目指すという、なんともヘビーな両山計画を実行とのこと!本日早朝に発つという。

銭函に向かい途中の午前10時に。今頃、和宇尻山の山頂あたりか??Sさんに携帯をかけると、、おぉーーーーーっ!電話でましたぁ〜〜、電波状況がちょっと悪いのですが、、和宇尻山山頂だそうです!”やったねぇ〜〜〜〜(^・^)、、これから春香山を目指すとのこと!積雪の状況を聞くと、、約10cmほどの積雪!よし!我々の方も問題なく登れそうですね。

桂岡のコンビニで待ち合わせします。隣のスーパーでビールを買い荷物を分担しましょ〜〜〜

銀嶺荘での晩餐会のメニューは、「すき焼」なのです。

本日の荷物。ビール500ml×18本、日本酒720ml×2本、鏡月1000ml×1本、すき焼肉、1200g、野菜色々、先日出張先の仙台だ買った「牛タン」 と「長なす」の漬物、 きりたんぽ、イワタニのカセットガスコンロジュニア×1台、すき焼鍋×1、カセットボンベ×3本(もう一台のコンロ、鍋は銀嶺荘でお借りする予定)、朝食用レトルトカレー、レトルトごはん、、 そして、すき焼きになくてはならない「玉子」。その他エトセトラ〜〜〜〜〜 荷物を分担しますが、、ワタシは45リットルのザックが満タンで約17kg、muさんもそのくらいの重さの荷重なのです。ふぅ〜〜がんばるべぇ〜〜〜

一泊のため車が心配なので、muさんの家の前に車を停めさせてもらって、ダム登山口までは、muさんの娘さんに送ってもらいます。さぁ〜〜〜初冬の春香山へ、、、11時35分にダム登山口を出発します。がんばるべぇ〜〜〜

春香山山頂で、女性達が夕陽を見たくて、、<山頂女の夕陽>

       

ダム登山口を出発
日陰箇所には積雪が・・・

カラマツの葉もすっかり落ちてしまっています。 さぁ〜〜ここから登りのはじまり〜はじまり〜
 

次へ