幌内丸山

(985m)

 

 

2007年9月29日
登り:  ゲート前〜ロッパチ広場(1時間50分)〜山頂(1時間13分)
下り:    山頂〜ゲート前(2時間20分)

この山は、「国立ひだか青少年の家」の研修登山として林道利用の登山道が設置されたようです。ひだか青少年の家のHPを見ても、林道、登山道の最新情報が分からず、地図とGPS、登山靴に長靴を持って江別を遅めの7時に出発します。本日も、先週の黒岳〜北鎮岳紅葉登山に同行した,Sさんと山仲間さんたちとの登山です。

8時半にひだか道の駅に到着、プリウスのkumaさんと  さんが到着。9時半にSさんたちが到着して、すでに青少年の家の駐車場で待っているyamaご夫妻と合流します。

はて?登山口はどこでしょう?Sさんが青少年の家に訪ねて行き、青少年の家の裏側にゲートがあり、ここからホロナイ林道へと入るようですが、現在林道は、治山工事中で、 工事車両、重機等の往来が激しく、現場の指示に従ってとのこと。

4台の車で、工事標識が目立つ林道入り口からぬかるみの林道を走り。途中で工事関係者の指示で、ゲート近くの広場に車をとめてくれとのこと。指示通り、広場に車を止めるが、地面はぬかるみでまるで生コンのような粘土質。こりゃ〜〜〜登山靴でなく、ワタシは、長靴を履きます。空を覗くと、不安定なお天気みたいで、傘を一本ザックに背負っての出発です。

午前10時5分、ゲート広場を出発します。総勢13名!その内、KさんとFさんは、林道途中から「北日高岳」を目指します。前方から重機が作業している轟音がきこえます。歩いて直ぐに「涙の滝」。

治山、治水工事個所が続きます。砂防ダムもつくっています。雨も降ったせいでしょが、沢水も多く、道路はどろどろの軟弱状態。10分ほどで、工事個所を抜けて本格的な林道歩きがはじまります。

おや〜〜林道左上に朽ちた案内板があります。「北日高岳登山道」・・・・・ここから?地図を確認しますが、荒廃した登山道で、現在は使われていません。もっと奥ですねぇ〜〜

 

ホロナイ林道入り口(夕方撮影)
どろどろ 、ぬかる林道歩を歩く

涙の滝 工事個所が続きます。
 

次へ