晩秋のイチャンコッペ山

(828.9m)

 

 

2007年11月14日
 登り:  1時間33分
下り:    1時間 8分

久しぶりの平日休日。曇天なれど、晩秋の一日を楽しみたいと、、まだ行ったことのない「オコタンペ湖」、久しぶりの「イチャンコッペ山」、下山後の「丸駒温泉」、そして、はじめての「札 幌芸術の森」で版画家 大本靖の「山の鼓動を聴きながら・・・」の回顧展を見るという計画で、江別を7時に出発します。

江別から札幌に入り、国道453号「札幌支笏湖線」で一路「オコタンペ湖」へ、、「ここを、右折ですね〜〜」と、 ・・・、残念ながら冬の通行止めでゲートが閉まっています。11月9日から通行止め!遅かった〜〜〜〜〜 ^_^; 「オコタンペ湖まで、2kmかぁ〜〜、、歩くか???、、いや、やめてイチャンコッペ山まで行こう!」

濡れた道路を走行し、ヘアピンカーブにある駐車場に車を駐車します。一台も車はなし!「そうだようねぇ〜〜平日で、しかも晩秋!登る人は我々だけかな???」

akiさんは登山靴にスパッツをつけて、準備万端!ワタシャ〜また、また、長靴スタイルなので〜〜す。まだ、登山靴の補修が終ってなくての長靴なのですが・・・最近、長靴ばかりで、長靴の方が登りやすく感じるこのごのなのであります。足もちょっと長く見える かも?(^^ゞ

さて、ヘアピンカーブのコーナーにある登山口。ここで、入山届をしますが、記帳している人が段々と少なくなっていて、一日1名くらいで、先週末も数名の記帳でした。

8時40分。記帳を済ませて久しぶりの「イチャンコッペ山」に出発!

「ここは、登山口から、いきなりの急登ですよ〜〜、、ゆっくりと登りましょう〜〜〜ね」

登山道に敷き詰められた落ち葉!サッ!サッ!サッ!サッ!、、、晩秋を感じる音なのでですわぁ〜〜

「もうすぐで急登は終りますよぉ〜〜〜がんばろう〜〜」

「はぁ〜〜〜〜い!」

登山口があるヘアーピンカーブ
すっかり木々の葉は落ちて・・

入山届 いきなりの落ち葉の急登
 

次へ