察来山(さっくるやま)

(589m)

 

 

2007年 4月15日


登り:    2時間15分
下り:     1時間25分

朝、5時の江別は小雪、、、ぞして、6時45分に雪は止み、明るい朝を迎えます。ネット で天気予報を確認します。

本日は、「北」の方が比較的お天気は安定かな?、、なんて、muさんとakiさんに連絡をとり、遅めの午前8時の江別出発です。<千歳方面も予定していましたが・・>

国道275号線を当別を過ぎて、道々28号線(当別浜益線)に入ります。

走行中に真白き「ピンネシリ」「神居尻山」「隈根尻山」を見ながら「青山ダム」を過ぎますと、、、、前方に一台のタウンエースが走っています。数名が同乗している様子ですが、のろのろ運転、、と、思うと、急に速度を上げます。

もしかしたら、山ガイドツアーの車かな?やがて、国道450線に突き当たります。前方の車が気になります。もし、山ガイドの車なら、左折すると、当別丸山?右折すると、まさかと思いますが「察来山」、、もしくは、ワタシが昨年残雪期に登った「荘志岳」??

あれまぁ〜〜前方の車は、右折するではありませんかぁ〜〜、、ワタシの車も、前方の車の後を走行!

さて、そろそろ「察来山」登山口の「四番川橋」につくはずですが、、、左手を注視しながら走ると「橋」見えてきます。

あっ!あそこだ!・・・と、、、前方の車も左折して先に駐車地点に入ります。あれぇぇ〜〜〜〜、前方者サン達も「察来山」?ですかぁ〜〜〜〜〜 早速、我々も車を隣に駐車。

タウンエースから下りてくる方、、、、、すぐさま、降りてくる女性たちの靴を見ます。、、つぼ足かスノーシューだな〜〜

お互い挨拶を交わして、「我々はつぼ足でいきます〜」、、聞くところによると、札幌からの登山仲間 でこの「察来山は、初めてでした。>

熟練の熟年6人組さんたちは。。

「ワタシタチは、つぼ足とワカンをもっていきます〜〜」

先行の山スキーヤーさんの車が駐車していました。
9時5分、、先に出発します。

2名のスキートレースの上をつぼ足で歩きます 長い林道歩きの始まりですが・・・・
 

次へ