狭薄山

(1296m:駐車地点から約10km

 

 

2007年 4月 28日

 
登り:  駐車地点〜登山口(10分)〜万計沼(1時間43分)〜狭薄山(2時間52分)=4時間45分
下り:   山頂〜万計沼(2時間10分)〜登山口(1時間12分)〜駐車地点(10分)=3時間32分

本日は、晴天なり!

mさんの登山仲間5人さんと、久しぶりの「狭薄山」デス。残雪の状況はどうだろうか?車はどこまで入れるだろうか?江別を出発して、国道12号線の真正面にはこれから登る「狭薄山」の尖がった山容がくっきりと見えます。「今から、あの山頂に行くぞぉ〜〜〜〜〜!」、なんせ、ロングランコース。がんばらねば。。

真駒内スキー場には、少し雪が残っており、平地にも残雪が見受けられます。砕石場の中を通って、真駒内川にかかる「橋」を渡り、200m程走った、林道分岐点で、積雪の為に車はここまでです。数台の車が駐車しておりますが、車の状況から前泊の車みたいです。一台の車が来て、長靴スタイルのお二人さんが先に「狭薄山」へと出発しました。

7時に2台の車で、mさん、sさん、aさん、siさん、kさんの5人がご到着。準備を整え、ワカンも持参していきます。 mさんとワタシがこのルート登っておりますが、他の方々ははじめてです。

7時15分に駐車地点を出発。いや、いや残雪がたっぷりですねぇ〜〜、、それにしても”つぼ足”の跡の多いこと、、昨日もたくさん入ったのでしょうかね??

厚い雪の上を歩くこと約10分で、「登山口」に到着。もちろん、たっぷりの雪があります。登山口から足跡が、川沿いを真っすぐに登っている跡がありますが、 川には「橋」がかかておらず、飛び石伝いに渡渉します。:1本の丸太にロープがついております。。<帰りはきっと、水量が多くなっているだろうなぁ〜〜〜^_^;>

ここから夏道のコースを登ります。かえって、たっぷり雪の登りのほうが”楽”かもしれないねぇ〜〜

先頭のmさんとその後のkさんは、快調に登ります。<むむむ〜〜〜ちぃ〜〜と、ペースが速いかな??>

30分程登って、、汗〜〜汗〜〜〜〜

kさんが、「ちょっと、ペースを落としましょう〜〜〜なんせ、ロングランですからぁ〜〜〜〜」、、と、ちょいと、ペースダウンで再び登り始めます。葉のない木々の間からは、青空が見えています。。

(駐車地点を出発〜雪の多いこと・・・)
登山口到着、記帳して出発します

川には橋がまだかかっておりません たっぷりの雪の上をスタート
 

次へ