空沼岳

     

(1251m)

 

 

2007年9月2日
登り:  登山口〜万計沼(1時間30分)〜真簾沼(30分)〜山頂(50分)=2時間50分
下り:   山頂〜登山口=2時間10分

本日晴天なり!暑さもようやく終息し、久しぶりに静寂な沼のある近場の「空沼岳」を訪れました。

午前7時10分に登山口に到着。札幌近郊の山だけにもう〜すでに数台の車が駐車、準備中の登山者も2組。3人の若い男性が、先に出発します。

この登山口には、 5月に残雪の「狭薄山」を登った時に来ています。そのときは、橋が流されていた状態でしたが、今は、丸太橋が出来ていました。

7時25分に登山届けに記入して、橋を渡ろうとしたとき、?? 先に行った、若い男性 3人がもどってきます。「あれ??」・・・・・・「おにぎり忘れました。。^_^;

空沼岳山頂まで7.7kmのロングコース。まぁ〜〜ゆっくりのんびりと静寂した万計沼、真簾沼でも見て、、夏の終わりの山遊びの出発です。

前方には、先行の登山者が テクテクと登っています。登山道脇には、ミミコウモリがたくさん咲いています。おやおや、エゾトリカブトも、ほんとに兜のような花びらですネ。

10分ほどで、いつもは立ち止まってゆっくり見たことがない「エゾマツの大木」に着きます。先客者さんも、ここで立ち止まっています。「へぇ〜〜〜樹齢250年かぁ〜〜〜すごいねぇ〜〜、、、なになにクイズが?答えは看板の裏か〜」

そこで、先行者さんが「樹齢250年って、どうして分かるのかな??、木の樹齢は年輪だよね〜まさか?切って調べたの?」  ・・・・なんて 、、大きなマツの木の下で〜♪〜、二人で好きなこと言ってたのであります。^_^;

おぉーーーっ!エゾアジサイもあちこちに咲いてはいますが、花びらは色あせて、、終焉ですねぇ〜、、もうすこし登れば、まだ綺麗な紫色の花びらが見ることができるのかな?

橋が出来ていました。
さぁ〜出発!

樹齢250年 のエゾマツ エゾトリカブト
 

次へ