壮志岳の旬な

 

 

 

2007年 5月 4日
登り:   1時間20分(359m尾根まで)
下り:    1時間

昨日の「丹鳴岳」〜「フレ岳」同行のSさんの情報で、昨年も訪れている「壮志岳」デス。

Sさんが訪れたのは4月29日。残雪、藪こぎながの山頂で、途中に山の幸がたくさん採ったとか・・・・・・

このところの高温、降雨。まぁ〜〜山頂と展望が無理であれば、せめて「山の幸」と野花を見に行きましょう〜〜〜と、江別から、青山ダムを過ぎて、4月15日の察来山登山口を過ぎて、車窓から「壮志岳」の山容が見えます。むむむ〜〜〜残雪が少ないなぁ〜〜〜〜

「北幌加橋」の広いスペースに駐車します。車の周りは「エゾエンゴサク」でいっぱい〜〜〜(^・^)

8時30分、山肌がほとんど見えている「壮志岳」を目指して出発デス。

橋から、川沿いを歩き、藪の状況、残雪の状況をみますが、ほとんど残雪がありません。作業道らしき道があり、これを辿っていきます。10分ほど歩くと、砂防ダムにつきます。

昨年は、この砂防ダムからほぼ、真っ直ぐ登りましたが、これは、残雪がたっぷりあってのこと。さて、作業道は、ずぅ〜〜と伸びていますが、この道を行っていいものか?

ふと、上の方を見ると、残雪もありなんとか、残雪を利用して、稜線まで登ることとします。

この辺から、カタクリとエゾエンゴサクがたくさん咲いていて綺麗ですねぇ〜〜〜

今が、花の旬?葉の色も形も若々しい〜〜カタクリを見ることができます。

綺麗ですねぇ〜〜〜〜〜 (^・^)

北幌加橋を過ぎて作業道へ
作業道

奥が砂防ダム、 笹が多く、残雪個所に出ます
 

次へ