夕張岳

  (1667.8m)    

 

 

2007年7月 1日
登り: 登山口〜望岳台(1時間55分)〜 吹き通し(1時間20分)〜山頂(35分)=3時間50分
下り:   山頂〜登山口=2時間55分

「夕張岳の「ユウパリコザクラ」が見たいね。。」なんて、先週 南暑寒岳同行のsyoさん。「ワタシに登れるかなぁ〜〜」なんて、ちょっと、不安のakiさん。

久しぶりの5度目の「夕張岳」!夕張市のHPを覗くと、ゲートは6月26日に開放されていて、7月1日は夕張山岳会の山開きなのです。電話で問い合わせると、山岳会さんたちは、なんと!午前4時に出発とか・・・・お天気もよさそうだし、きっと大勢の登山者がくるだろうなぁ〜〜〜

江別を午前4時30分に出ます。南幌〜長沼〜栗山経由で、夕張の清水沢に入ります。シューパロ湖あたりから見えるはずの「夕張岳」は、鉛色の雲の中。

只今建設中の道路の高架!高いなぁ〜〜、、、平成25年に多目的ダム「夕張シューパロダム」に完成して、今の「大夕張ダム」が水没するそうです。この林道もあと6年で水没ですね〜

長い林道を砂煙をあげながら登山口に6時到着します。予想通りの車の数・・・・・登山口の広い駐車スペースは満車!仕方なく、2棟のトイレの林道脇に一台駐車できるので、ハンドルをきり、きり、車を停めます。準備を整えて、午前6時25分に登山届に記帳しますが・・・・・なんと!すでに、約30組が入山しているのですわぁ〜〜 ひぇ〜〜〜はやぇ〜〜〜、、、、、登山口のルート案内板を見て、、「えっ?標高差1 168mも登るのぉ〜〜〜」 「あははっは〜〜気にしない、気にしない〜〜〜〜〜」

未だ薄暗い登山道をテクテクと登ります。緩やかな傾斜道から段々と傾斜がキツクなってきます。ガスの中に突入します。「もうすこし登れば、、あの長万部岳のように、青空が見えて、雲海もきっとみえますよ〜〜、期待しましょう〜〜!」

1時間で「冷水沢」です。ちょろちょろ沢の水が塩ビ管から出ています。花は???ありました〜〜本日の第一花を発見!「 ミゾホウズキ」です。本州からのご夫婦さんが休んでおりました。あと、山頂まで「5km」がんばんべぇ〜〜〜

段々と、ガスが濃くなってきますぞぉ〜〜

先行者の車で一杯!
薄暗い登山道を出発します。

冷水の沢・・・ あぁ〜〜〜〜ガスがぁ〜〜
 

次へ