洞爺 早月山

  (629m)    

 

 

2008年3月22日
登り::  1時間15分
下り:    1時間 6分 (ぐる〜〜とスノーハイキング)

昨日の支笏湖、多峰古峰山の雪解けの早いこと。ならば、洞爺湖の早月山はどうだろうか?この山も多峰古峰山と同時期の一昨年の4月23日に 、はじめて登っています。

積雪の状態が気になりますが、カンジキ持参で6時30分江別を出発します。お天気良好 (^・^)

中山峠に出ると、真白き尻別岳と、、ど〜〜んと、羊蹄山が見えてきます。おぉーーーーーーっ!昆布岳も見えま〜〜す。洞爺湖の湖畔道路に向かい、湖畔に向かいます。湖畔道路を左折して壮瞥方面に向かいますが、、、湖畔が綺麗〜〜〜「ほんと、綺麗だねぇ〜〜〜〜」とakiさんも、鏡のような湖面に中島が映っている光景にうっとり〜

洞爺少年自然村パイネル洞爺を過ぎ、左手に「岩屋」のバス停と「喫茶ROSE」の大きな看板があり、ここを左折して直進。登山口は民家の手前にありますが、私有地なので、邪魔にならないように駐車します。それにしても最高の天気だね〜〜〜 きっと、山頂展望は最高だよう〜〜、、、

気になる積雪状態。登山口前の丸太橋は雪はありませんが登山道には、まだ雪が残っています。

カンジキを担いで8時30分、登山口を出発します。雪を踏みしめます。。おっ!硬雪です。さほど凍っていないのですべることもありません。鬱蒼とした針葉樹林帯の登山道はちょいと凍ってます。登山道にはいくつかのつぼ足の跡が点々と付いています。

10分ほどの緩やかな登り、、「山頂まで2.0km」の看板に出会います。8時42分「苦労坂」、8時45分「鹿の踊り場」。鹿らしき、足跡が点々とついています。鹿が踊った跡かね?? (^^ゞ

登山道は雪が融けてどろどろとした状態です。

「いや、いや登山靴でなく長靴でよかったね!」 「ほんとだね」

これだけ雪が締っていると、山頂付近も、この時間なら長靴で大丈夫かもね!

手前に丸太橋と奥に登山口の標識があります。
登山道入り口は硬雪です

歩いて10分で、山頂まで2km地点 鹿の踊り場なのだ〜
 

次へ