黒 岳赤 岳

  (1984m)          (2078m) 

(白雲キャンプ場泊のプチ縦走編)

 

 

2008年7月20〜21日
登り:: 七合目〜黒岳(1時間50分)〜北海岳(1時間30分)〜白雲キャンプ場)1時間30分=4時間50分
下り:  白雲キャンプ場〜赤岳(1時間)〜銀泉台(2時間30分) =3時間30分

久しぶりに大雪をプチ縦走して見よう。黒岳〜赤岳へ、、、道北バスの「大雪山赤岳登山バス」の時刻表を見る。

銀泉台に車をデポして、この銀泉台から層雲峡に行き、黒岳から登り、赤岳へ下山するプチ縦走です。m&sさん達は黒岳から登り、白雲キャンプ場に泊まって、お鉢を一周して黒岳に戻る計画です。

江別を早朝出発。どんよりとした空。。予定通りに7時に銀泉台に到着します。久しぶりの銀泉台ですが、いやい、いや〜〜ものすごい多くの車が駐車しています。登山口にある「銀泉台ヒュッテ」は閉ざされていて、、廃屋になっていました。ちょっと残念だなぁ〜〜〜〜。。

準備も整い、7時に層雲峡から登山客を乗せたバスが到着。すしづめ状態のバスから降りてくる登山者。すごいねぇ〜〜〜 バスがユーターンして、車に乗り込む。おや?下山者さんかな?お一人の男性も乗り込みます。「下山ですかぁ〜〜早いですね〜」「いや、今のバスで来て、テントのポールやらなにやら忘れてしまって、赤岳〜旭岳の予定でしたが、、岩見沢にバスと電車で帰ります。。。。」「あれまぁ〜〜残念ですねぇ〜〜せめて赤岳でも登ったらいかが?」「テンションが下がって、、、、帰ります、、、、、、」と、、、7時30分バスが層雲峡へ向けて出発しま〜〜〜す。

「忘れ物かぁ〜〜〜〜・・・・忘れ物??、、、忘れた!忘れた!わぁーーーーーーーっ!デジカメは車の中だ!」

既に遅し!バスは細い林道を曲がりくねりながら砂煙を上げて、、走行しているのでありました。デポした車の後部座席にデジカメを置いたまま・・バスは走る!大失態!^_^;

8時20分にバスターミナルについて、重いザックを担いで、セイコーマートで、使い捨てカメラを購入して、黒岳ロープウエイでm&sさん達と合流します。「おはようございま〜〜す」、、と忘れたデジカメの話で盛り上がり??8時40分のほぼ満員のロープウエイでガスで真白な黒岳駅へと出発します。黒岳駅から、リフトに乗ります。そこで「りんゆう観光」に勤務している同級生のFさんにお会いして、、、「そんなに大きなザック、、トムラウシでも行くの?」「いや!ジンギスカンセットとビールです。。。。^_^; 」

7合目で登山届
濡れた登山道を登ります。

多くの登山者 ガスで真っ白
 

次へ