美利河 丸山

<奥美利河温泉コース>

  (674.2m) 

 

 

2008年10月18日
登り::  山の家〜山頂:1時間15分
下り:  山頂〜山の家:45分

久しぶりに道南の「ブナの紅葉」を見に行こう!未踏の山のブナの紅葉を・・・・カニカン岳って、登山口まで車で通行できるのかな?もし、不通であれば、美利河 丸山に行こう!、、と、、ある物?をザックに入れての紅葉の山遊びなのです。。ある物って???、、うふふふ・・・・これは最後のお楽しみなのです(^^♪

走行するにつれてお天気が怪しくなります。。道南も晴れなはずですが、、、^_^;

はるばるきた〜〜ぜ。。今金へ〜〜〜♪〜、、、いや、いや〜〜長い道のりですわぁ〜、、ETCの休日割引料金を使います。。これって、ものすごくお得だね!(^・^)v

期待通り!?曇天!しかも、山々の頂は暗雲が覆いかぶさっているではありませんかぁ〜〜

長万部から今金の美利河地区へ入り、美利河ダムから「カニカン岳」の登山口へ・・・・・登山口まで行けるかな?

やはり、、残念!登山口までの車両通行止めなのです。「お知らせ」看板のあるところから、ユーターンして、奥美利河温泉へと向かいます。細い車道ですが、、全て舗装されていて。車窓からは紅葉が見えます。

「綺麗だねぇ〜〜〜ブナの紅葉も期待だね!」途中で、、大きな、今にも崩れ落ちそうな 景観地「熊すべりの巖」!へぇ〜〜〜ほんと、熊も落ちそうだね ^_^;

紅葉林道を約10kmほど進むと〜〜ブナとエゾマツの原生林に囲まれた施設が見えます。。

おぉーーーーーっ!この大自然によく似合う、「山の家」と「奥美利河温泉」の建物。

早速、山の家へ、、「すみませぇ〜〜ん、、トイレ借りれますか?」「どう〜〜ぞ!」、、「山の家って泊まれるんですね〜結構広いですねぇ〜」「でも、この時期は、カメムシが多くて、昨晩、バンガロウ泊のお客さんは500匹採ったそうです。。」

「あっそうですかぁ〜〜」「カメムシがいやなら、街の”クアプラザ ピリカ”がいいよ〜〜温泉もあるしね、ここの温泉の無料券もありますよ〜」、、、「カメムシ・・・500匹 かぁ〜〜〜^_^; 」

「登山口は「どこですか?」 「あの下のほうですけど、、ここからも登れるよ。。」

カニカン岳林道は登山口まで4km手前で不通
奥美利河温泉へ

山の家(奥)と温泉の建物 山の家裏から出発!
 

次へ