早春の壮志岳

  (683m)    

 

 

2008年3月 23日
登り::  2時間
下り:    1時間

昨日の至福の展望の山「早月山」の余韻が残っていて、本日の快晴でまた山頂展望が見たい!

また、また一昨年の4月29日に登った「壮志岳」に行ってみよう!昨年、ゴールデンウイークでは、 雪解けが進み、尾根まで登ったら背丈以上の笹薮が露出していて登行不能で撤退!尾根で行者ニンニクを頂て下山しました。(^^ゞ

ここも雪解けが早いのかな?一昨年より1ヶ月以上も早いけど、午前7時に江別を出発します。江別から当別に出て、道々28号線の当別浜益線を走行して青山ダム付近から、樺戸山地と増毛の山々が見えてみます。結構雪が 解けているなぁ〜〜、道民の森(神居尻地区)を過ぎて 国道451号線に突き当たり、ここを滝川方面へと右折します。察来山の登山口も過ぎて、徳富川の「北幌加橋」が見えてきて、橋を越えて左側に駐車スペースがあり、ここに駐車します。

車を降りて、積雪の状態を見ます。徳富川沿いには、たっぷりの雪があり、真正面に見える、急斜面は雪崩れのあとでしょうか、、地面が剥き出ていてます。雪質はどうだろうか?

つぼ足で十分登れそうですね〜、、昨日の疲れもなく、akiさんも、今日もカンジキを背負って、8時25分に駐車地点を出発します。

乾いたアスファルトから、雪の積もった土手を降りようとした時、いきなり!ズボッ! あれれれーーーーーっ、akiさんの右足が雪に埋まる〜 足を抜こうとする、出てきたのは赤い靴下の足だけ (*^_^*) 長靴は、、遥か雪の下に埋まっていたのでした。 ^_^;

いや〜〜すっごく、深く埋まったね〜、、、、さて、気を取り直して、、白樺林の中へ、、、、雪は硬く締って、埋まることはありません。堤防沿いを歩き、林道らしき広い道を歩いていきます。林道からはなれて、いよいよ、尾根に向かっての登りに入ります。おっ!なんだ?急斜面が雪崩れていて、土が剥きだしています。へぇ〜〜〜〜〜すごいね〜〜最近の暖気で雪崩れたんだねぇ〜〜

 

出発点の「北幌加橋」
国道を降りて白樺林にはいります

堤防を過ぎて林道歩き 急斜面手前から尾根に向かいます。
 

次へ