多峰古峰山

  (661.1m)    

 

 

2008年3月20日
登り::  1時間45分
下り:    55分

一昨年に初めて登った「多峰古峰山」。小粒ながら展望は最高の山頂なのです。

本日は曇天。江別を出発して、車窓からは残念なが支笏湖周辺の山々は 、はっきりと見えません ^_^;

苔の洞門を過ぎて約1km過ぎると「支寒内橋」の手前左側の林道ゲートがありここに2台分の駐車スペースがありますが、”ゲート前駐車禁止”の看板があり、車は向かい側のゲートの前に駐車。

林道の状態はどうだろうか?長靴で十分か?カンジキを背負って、7時に駐車地点を出発します。林道には雪が覆いかぶさり、ズボッ! 林道から離れ前回のルートと異なるルートを確認します。ズボッ!わぁ〜〜〜長靴が埋まって、 引っ張りだそうとしたら、、靴が脱げたぁ〜〜〜 (^^ゞ

こりゃ、長靴より登山靴に履き替えたほうがいいかな?なんて、駐車地点まで戻ると、車が一台駐車。女性が準備中です。「ぬかりますか〜〜〜〜」 「ぬかるね、雪も少なめだよ〜」 ワタシャ、登山靴に履き替えようとしましたが、、あれあれ〜〜〜スパッツを忘れたのです〜〜〜

また、また長靴に履き替えて、カンジキをつけての出発です。(^^ゞ 女性は この山は、初めてとのこと、、「ほんじゃ〜〜ご一緒しましょうかぁ〜〜〜〜」

と、、改めて、7時20分に駐車地点出発です。ゲートを出てから、ものすごい獣臭がします。。うへぇ〜〜〜、、、、、^^;

笛をピィーーーーーッ!と、、ひと笛吹きます。倒木地帯は雪解けが進み、土が向き出ています。さて?沢を渡らねば・・・・、、どこから渡る?大きなスノーブリッジにトレースがついています。「ここを渡りましょう〜〜〜」

左側に見える455mコブ斜面は雪がとけて、笹が顔を出しています。今回のルートはこの455mコブを回り込んで、尾根にでて山頂を目指します。

 

林道ゲート入り口
雪たっぷりの林道

倒木地帯 沢斜面も笹が出てきています。
 

次へ