(1667.8m) 

 

(深山曙草:ミヤマアケボノソウ)

2008年8月17日
登り::  登山口〜山頂:3時間30分
下り:  山頂〜登山口:2時間50分

花の夕張岳に咲く「ミヤマアケボノソウ」を見たくての山遊び。

一昨年の北蔦別岳のヌカビラ岳で、はじめてみた「ミヤマアケボノソウ」。こんなに上品で妖艶な花が山にあるとは、、、、衝撃的な初対面でした。

魅惑的な星の形と紫色の花びらがまるで上品な貴婦人のようで、紫衣の貴婦人とも呼ばれている花です。

和名は、深山曙草、花冠の色に明け方の空の色を、花冠にある斑点を暁の星に見立てたことに由来するそうです。

ロマンティックですねぇ〜〜〜、、

ネットで調べると、夕張岳の前岳湿原から吹き通しまで群生しているとか、、、、・・・・・

午前5時に江別を出発。南幌〜栗山〜夕張へ入ります。シューパロダム建設のための高架道路も建設中なのであり、ここもやがて湖 底となるんだろうね、、、平成25年に完成 予定だそうです。あと、、5年かぁ〜〜

6時30分に登山口到着します。おやおや、、案外と少ない車だね。久しぶりの登山靴なのであります。

6時40分、冷たい空気の中を出発します。お天気良好!快晴!冷涼な空気!混雑なし!(^・^)v

7分ほど歩くと「馬の背コース」との分岐に着きます。なにやら”御布礼”の黒板に文字が、、、、「熊情報 7月30日熊が峰(吹き通し)付近にて4歳くらいの熊が出没注意のこと」

えっ?熊か、、、、、早速、muさんはザックから熊鈴を取り出して、、出発〜〜〜〜

チリ〜〜〜ン〜〜チリ〜〜〜ン〜〜♪〜〜

(案外空いていた登山口前駐車場)
馬の背コースとの分岐

ちらっと落ち葉も・・・ あれ?こんな所に岩塔があった?
 

次へ