幌平山

(718.2m)

<イチャンコッペ登山口コース>

2009年3月21日
登り::  1時間00分 
下り:  35分

本日も晴天なり!(^_-)。本日は未踏の「幌平山」です。この山の山頂からは、コバルトブルーの支笏湖、裾野広がる風不死岳、その奥に樽前山、紋別岳、イチャンコッペ山そして、恵庭岳展望には最高な山です。

コースは、国道453号線(札幌支笏湖線)のヘアピンカーブの展望台駐車場に車を停めて、イチャンコッペ山登山口からの出発です。

無風晴天青空!9時15分に駐車場に着きます。イチャンコッペ登山口からの急登!雪でぬかるだろうか?ガチガチに氷っているのかな? 前回の 「藤野富士」の反省もあり、ザックに「カンジキ」「軽アイゼン」を入れての出発です。

登山口の小さな木製の登山届には、すでに、4組の方々が出発しています。幌平山かな?それとも、イチャンコッペ山かな??

9時37分、入山届けに記帳して出発です。いきなりの急登!でも、踏み固められたつぼ足トレースがしっかり着いていて、案外、夏道より登り易いかも・・・(^_-)

先行者さんもつぼ足だね、お一人だけのスノーシューのトレースが着いています。ほぼ、真っ直ぐな登りです。

よいしょ!よいしょ!

いや、いや〜〜暑いのですぅ〜〜厚手のアウターを脱ぎます。ふぅ〜〜〜〜 (*^_^*)

サングラスから見る空は、真っ青!サングラスを取って見ると、、もっと真っ青!風もなく、最高の山遊びです。

軽アイゼンもカンジキも、いらない、快適な直登デス。(*^_^*)

しかし、雪が解けて、あちこちに笹が顔を出しています。踏み固められた先行者さんの、雪が緩んでぬかった跡もあちこちについています。

イチャンコッペ登山口
急登開始!

踏み固められたつぼ足トレース 斜面に笹も顔を出してきた。
 

次へ