ホロホロ山

【 ドラマチックな白老コース 】

                    (1322.4m)

2009年10月13日

登り:

旧登山口〜4・5合目登山口(42分)〜山頂(1時間15分)=1時間57分

下り:

山頂〜4・5合目登山口(1時間)〜旧登山口(35分)=1時間35分

3月29日にカンジキで支笏湖の「オコタンペ山」に登った時出会った、”白老山岳会”の方々が「白老山岳会が開削した”ホロホロ山”の白老コース”に登ってみてください。」

、、、てな訳で、本日、はじめての白老コースの山遊びとなりました。

午前6時に江別を出発し、通勤割引で高速に乗ります。車窓からは、くっきりとした山容を見せる「樽前山」が綺麗。

目指す、ホロホロ山・徳舜瞥山だけがなぜか?厚い雲がかかっています。雲が取れるだろうか?

白老ICで下りて、道々86号線(通称:四季彩街道)を大滝方向に走行すると、右手に立派なトイレがあり、拝借!

そのまま、走行すると、右手に「ホロホロ山登山口」の小さな案内板があり、ここを左折して林道走行です。

約4km走行すると、大きな駐車スペースのある「登山口」に到着します。

ホロホロ山登山口の大きな看板と、横には「ひげの小舎」と書いてある、小さな小屋があります。ここに入山届があり、本日は一番乗り(平日だもんなぁ〜 ^_^; )昨日は3組が登っております。

ちょいと、登山口を覗くと、登山道は見えるものの、笹があまり刈っておりません。そして、細いロープも張ってあります。

現在のルートは、ここからまだ林道を走行して、4・5合目から登るのでしょうか? 何処にもここからの登山の「立ち入り禁止」の案内はありません。<登山道概略看板と登山口の看板があるだけ>

紅葉は、まだ下のほうが綺麗なので、だめもとで!旧登山口からの出発です。

8時10分晴天の中のスタートです。

細いロープをまたいで、最初は歩きづらい笹の登山道ですが、登るには支障はありません。

旧登山口にある「ひげの家」
登山口

笹はしっかりと刈られていないけど大丈夫! 日差しを浴びてのスタート!
次へ