来馬岳 中腹 カルルス「氷筍洞窟」

<旧カルルス鉱山坑道跡洞窟>

2009年2月11日
登り 1時間35分 (距離:3.7km・標高差:138m)
下り  1時間10分

1月25日に「氷筍洞窟」発見出来ずに途中敗退!その後にBBS等に情報をいただき、本日リベンジとなりました。

リベンジは、伊達市大滝の「百畳敷洞窟」:通称ニョロニョロに同行した、akiさんとreiさんです。あの感動をもう一度!とばかり、気合を入れて江別を出発します。

9時10分にカルルスの「サンライバスキー場」に到着します。

カンジキと尻滑りと地図コンパス・GPS、そして、ランチセットを担いでの9時25分に出発です。ツボ足で、スキーリフト横まで登っていきます。

5分ほどで林道入り口に到着します。ここで「カンジキ」を装着します。

前回同様に、しっかりとした山スキートレースが付いていて、楽チン〜〜♪〜なのであります。

おやぁ〜〜このスキートレースは新しい〜〜ね!今朝、早くのトレースだね。2人のようです。いや、いや〜〜〜助かります。(^^♪

この人たちも「洞窟」かな?それとも、沢を越えてから「来馬岳」でも登るのかな?

無風曇天!いや、いや〜〜暑いねぇ〜〜、、アウターを脱ぐと、涼しい〜〜 (^・^)

目的地は、前回の引き返し地点から、もっと進んだところ約200〜300m地点!前回は、あちこちにスノーシューの跡が沢方向に付いていて、惑わされました ^_^;

今回は、、ただひたすらに、あの「引き返し地点」まで前進あるのみ!(^・^)v

サンライバスキー場
ツボ足でゲレンデ横を登る

林道入り口 またまた、スキートレースが付いて楽チン〜〜 (^^♪
 

次へ