来馬岳  「氷筍洞窟」探索

 

2009年2月1日
  迷って右往左往して・・  3時間10分
   

1月25日に伊達市大滝区にある「百畳敷洞窟」(通称:ニョロニョロ洞窟)に行き、その神秘的な氷筍に感動!

同じ「氷筍洞窟」が来馬岳周辺にあるという。ネットで検索しても探せない。気になるなぁ〜〜〜 ^_^; 、、と、、某ブログを見ると、な・な・んと!洞窟の中に人の背丈もある、ニョロニョロが写っているではありませんかぁ〜〜 場所はどこだろう?、、、失礼とは思ったが、早速、ブログサイト管理人さんにメールをします。概要のメールをいただき、いつか行ってみようと地図を見ます。この辺かな???どこだろうな?? 出発地点は分るのですが、、洞窟の位置が分りません。

夜、、天気予報を見る!明日、天気がよさそうだ!明日の予定がないので、行ってみるか!第二弾!ニョロニョロ洞窟探索へ!

雲ひとつない江別を早朝出発。恵庭ICから高速に乗り、登別東ICに降りて、ETC休日割引で1050円也!(^・^)

サンライバスキー場に到着します。地元の人に聞くのが一番と思い、センターハウスの方に、洞窟の写真を見せて、林道入り口を尋ねると・・・・「あぁ〜〜洞窟ね!下のパトロール隊の人たちが詳しいから尋ねてみてください」、、と、、また、また地図と写真を持って、パトロール隊の事務所を訪ねて、3名ほどの方にお聞きします。。「むむ〜〜はじめての人は難しいかも・・・・」 「ここら辺かな??」 「林道から50m入ったところにあるよ〜〜」 「たくさん入っているようだから、踏み跡が付いていて、ピンクテープも付いているよ〜」、、「一時間で着くよ〜〜」、、しかし、地図上での位置は分りません。^_^;

パトロール隊のお一人が、、「GPS持っているんだぁ〜〜俺も一緒に行きたいのだけど・・・位置分った ら教えてね!、、」

10時10分、パトロール隊さん達に装備等を説明して入山します。では〜〜行って来ま〜す。

教えられた通り、、カンジキを履いて出発です。

スキー場には多くのスキーヤーとボーダーが・・
さぁ〜出発!

林道入り口 スキートレースが付いて楽チン〜〜 (^^♪
 

次へ