写万部山

                  (498.8m)

(共立コース)

2009年5月16日
登り::  1時間
下り:  35分

歌才のブナの新緑を見たくて、黒松内岳のブナ林はまだ早いと思い、未踏の山「写万部山」です。

yamaさんと、国道37号線の静狩峠から下って長万部の街に行く途中にある、「北勝水産」の前での待ち合わせ。yamaさんは、小樽方面から、ワタシは中山峠からです。

7時40分に携帯のベルが鳴る〜〜♪〜〜、「もう〜着いたよ〜〜」 えっ!?早すぎるぅぅーーー、待ち合わせは8時30分だよう〜〜 ^_^; 静狩峠に差し掛かり、アクセルを幾分か 強く踏み込みます。。

予定通りの8時20分に、白いホタテ貝殻を積み上げた「北勝水産」手前のパーキングに到着します。

ここから、線路沿いに長万部方面に進むと直ぐに、踏み切りがあり、右折して”踏み切り”を渡ります。

道なりに走行すると、大きな「登山口」のカラフルな看板があります。青空の下、牧場に、のんびり「牛」が横たわっています。あぁ〜〜〜〜、、のんびりしているねぇ〜〜 (^・^)

8時25分に登山口のある広場に出ます。立派なトイレ、シンク付水場があります。

本日は、新品の登山靴。久しぶりの幅広タイプの「シリオ」の登山靴での足慣らしなのであります。(^・^)  いままで使用していた皮製の登山靴は、底の交換を一度、内側補修2度、メーカーに出して直していましたが、もう〜〜よれよれ〜なのです。^_^;

ついでに、これまた新品のLIKE製の超軽量ダブルストックなのです。ほんと!軽いのだ!

ここは登山道が綺麗らしいので、スパッツは着けずに、8時40分、広い登山口を出発でぇ〜〜す!

登山口のカラフルな標識
幅居広い、シリオの登山靴

二股を右折して「一合目」 写万部山も見えますねぇ〜〜
 

次へ