(536.7m)  

2009年9月6日
登り::  54分
下り:  40分

本日は午前中晴天なり!当初は、定山渓近郊の山の予定でしたが、自宅を出るなり、定山渓方面が暗雲が立ち込めている。小樽方面には青い空が広がっている。

急遽、ハンドルを切り、小樽方面へ走行する。久しぶりに「銭函天狗岳」に行こう!7年ぶりかな? 登山口が分り づらい記憶があります。国道5号線から、銭函ICに入りますが、登山口を探していると、高速入口まで着てしまいました。^_^;

やはり、迷った!ユーターンして「松泉学園」の案内板を左折して、道なりに行くと、「登山口」の案内板があり、広い駐車場に出ます。7年前にはなかった、新しい砂防ダムもあります。

広い駐車場には、先行者さんの車が一台。早速、準備をして、8時16分駐車地点を出発して、ゲートのある登山口に進み、新しい砂防ダムが登山口です。登山口には、昨年の熊出没の看板が立ってありました。

本日の天気予報は、午前中が晴れで、午後から曇天から雨の予報です。午前中まで登山口に戻れればいいかな、、、

登山道は、ちょっと濡れています。

空は青いのですが、日の当たらない鬱蒼とした細いゆるやかな登山道の登りのはじまりです。

紅葉は、まだまだのようです。山頂付近はどうだろうかな?

ちょっとの期待を持ちながら登ります。

登山口から8分で、立派な黒い山小屋に出ます。小屋を覗くと、部屋も立派ですね〜。札幌山岳会所有の「銭天山荘」でした。

まだ、鬱蒼とした登山道の登りです。時折、上を向くと、これから紅葉しそうな、葉が、まるでステンドグラスのように綺麗に輝いています。立ち止まって魅入ります。 

ゲート前の駐車場
ゲート登山入口

登山口 落ち葉の登山道
次へ