樹海峰

(1231.4m)

2009年4月25日
登り::  1時間57分
下り:  1時間25分

4月12日の「本倶登山」の帰路の車中で、reiさんが、、・・・「ねぇ〜〜樹海峰って登ったことある?GWに行ってみない?」

「樹海峰?」、、なんとなく、素敵な山名ですね〜〜、ところで、どこにあるの?→ 大雪湖の近くです。。

ネットで検索しても、残雪登山は少なく、某ツアーの3月の山行を参考にします。「樹海峰」は、「大雪湖」の北側に位置し、響きの良い名前なのですが、、果たしてどんな山なんだろう?

本日は、熊見山の予定でしたが、めまぐるしく変わる最近のお天気!前日に急遽、熊見山から変更して、「樹海峰」に行くことにしました。

早速使用の高速1000円!江別西ICから比布ICへ、ここから高規格道路で上川・層雲峡で降ります。道中、車窓から見える真白き大雪山が綺麗〜〜!層雲峡に着くと、なんと!雪が少なすぎる〜〜〜、、こんなに雪が少ないくて、登れるのかなぁ〜〜、、不安! 長〜〜い銀河トンネル、新大函トンネルを抜けると、 右手に一台の車が駐車していて、お二人さんが登山の準備をしています。車を停めて、、「登山?樹海峰ですか?」 「そうです、、雪が少なくて大丈夫か?不安ですけど、ここから登ります」 「我々は、その先から登ります」、、、と、、出発予定地点の大雪トンネル手前の二股の空きスペースに車を止めます。

すぐさま、車を降りて、出発地点へ行くと、、笹がたくさん顔を出していますが、、、樹林帯の中は、たっぷりの残雪がありまます。OK!大丈夫!登れそうだよ〜〜

長靴に、軽アイゼンをもって、8時22分に大雪トンネル手前を出発します。僅かな笹薮を渡って、残雪箇所へ、、雪がちょっと、硬くて、急登に入るので、すぐに軽アイゼンを装着して、再出発です。うっすらですが、ツボ足、スノーシュートレースがついています。密集した樹林帯の急登のはじまりです。

大雪トンネル手前で駐車
出発地点

たっぷりの残雪 鬱蒼とした樹林帯の急登の始まり〜〜
 

次へ