月形町 分監山

(459.9m)

2010年3月7日
登り :1時間30分
下り :50分

分監山!月形町札比内の北に位置する459.9mの低山です。この山にはツアーが一部入山しているみたいですが、情報が少なくて、、、でも、ちょっと気になる山なのです。

樺戸集治監所の月形は、明治時代に消防署の通りを「本監通り」と称し、消防署の出張所があった「札比内」は本監に対して、札比内分監と呼んでいたそうで、そんな関係で「分監山」って名がついたそうです。

また、昭和47年5月に横浜空港のセスナ機「そよかぜ号」が、紋別空港から丘珠空港に向かう途中で、山頂直下50mほどのところに衝突して、月形消防職団員らが救助向うも乗員・乗客10名全員が犠牲になったそうです。

ラッセル覚悟での計画ですが、人数が多ければと、声をかけたところ、、なんと!なんと!マイナーな山だけに、10人のメンバーが集まりました。*^_^*

月形町のCVS「ローソン」で待ち合わせをし、国道275号線を走行、「札比内小学校」手前に黄色文字の「空知街道」ある大きな看板で、「札幌リッチヒルカントリークラブ」方向へ左折します。雪の解けた舗装道路を道なりに走行すると、「民有林 林道 樺戸線」の始点につきます。

ふと、見ると、一台の車が駐車しており、山スキー準備中の男性がいました。やはり、「分監山」に登るそうで、雪が堅めなのでスノーシューに履き替えていました。 せっかくですからご一緒に登りましょう〜〜

我々もカンジキ、スノーシューでの準備をし、出発しようと思っていたら、、一台の大型バスがご到着します。フロントガラスを見ると「 某文化センター ○○○教室」の登山者さんたちが続々と降りてきます。ふと、、バスの横を見ると、、、、「そよかぜ観光」って書いています。「そよかぜ」・・・・なにか因縁がある名前ですね。

いや、いや。我々だけかと思っていましたが、、賑やかな山になりそうです。^_^;

9時10分に林道始点を我々10名+1名の11名で出発です。

林道 樺戸線 始点が出発点
そよかぜ、、、、

林道を出発 10名+One (*^_^*):左奥が山頂
 

次へ