浜益御殿

 (1038.6m)  

2010年5月 2日
登り : 駐車地点〜大阪山(60分)〜P615m(40分)〜P835m(40分)〜P975m(30分)〜山頂(15分)=3時間 5分
下り :山頂〜駐車地点=2時間     

GWは、山頂から、真白き山並みを見たい!

第一弾は,久しぶりの「浜益御殿」。4年ぶりです。

浜益地区幌にある神社からの林道を走行しますが、今年の林道の雪解け状態はどの位までの標高まで走行できるのかな?未舗装道路は完全に雪が融けて露出しています。林道はやがて舗装道路に変わり、どんどん登ります。道路わきには積雪があり、もう〜そろそろ、林道 も最終地点かな??、、、と、、遠くに、車が見え始めます。

はい!ここまでぇ〜〜よ!〜♪〜

な・な・なんと!〜〜4年前と同じ地点まで走行できました。

「林道始点から2km」地点です。すでに7台の車が駐車しており、その内一台の男性が準備中!我々が準備している間に 、もう〜一台が着ました。

ふと、、お隣の軽自動車を見ると、なんと!後部の窓が開いていますよ〜〜、、いやぁ〜〜無防備だな。。ちょいと中を覗くと、後部はベッドになっていて、寝泊りしているんだな〜、、ナンバーは”川崎”、、、ほう〜〜本州の登山者ですね。。

7時50分、準備万端!カンジキを背負ってつぼ足での出発です。舗装道路の雪がどんどん溶け出して、アスファルトに雪解け水が流れています。

アスファルト上の雪に亀裂あり、雪解け水が流れ、、空洞化していますねぇ〜〜 <この雪解けの空洞化が、下山に珍事となるとは・・・知らずに〜〜 (*^_^*)>

湾曲した林道をショートカットして、林道二股まで出ます。

雪の硬さもOK!山頂までつぼ足で登れるかな?山頂までの約6.5kmの長丁場!無風快晴!

まっ!ゆっくりと登りましょう〜

最終林道地点
林道始点から2kmからの出発

林道の雪解けが進みます。。 林道二股。
 

次へ