満願展望台490m台地まで

                    (5 35m)      

2010年5月30日
登り : 45分(490m台地まで)
下り : 1時間 ^_^;

道南の新緑のブナ林 第2弾!

雄鉾岳登山口近くにある標高535mの小さな山です。

「満願展望台」!なんとも、縁起の良い山名ですね。

1999年〜2000年の2年間に地元の”八雲高校山岳部”が開削したルートで、山頂から見る「雄鉾岳」が、 奇麗に見えるとか、、(ルートの案内は、看板を見てね)。

八雲から「おぼこ荘」経由で、雄鉾岳登山口まで走行します。昨日より青い空が広がっていますねぇ〜〜(^_-)

雪どけで濡れた林道を走行すると、登山口に到着!すでに、2台の車が駐車しており、雄鉾岳まで登っているのでしょう〜

登山口に取り付けてある、看板を読みます。なにやら、楽しげな、名前がつけれれていますねぇ〜〜「汗拭平」、「水呑平」、「490m台地」。

ふと、足元を見ると、採って来た「ウド」が、そのまま放置されていました。山菜もあるようですね〜〜 (^_-)v

それにしても、暑い!昨日と同じ、半袖重ね着の短パンスタイル!登山靴の紐を、ギュッとしばって、さぁ〜〜〜出発!

9時10分。高校生達が開削したルート。はたして、どんなルートなのでしょうか?

新緑のブナは奇麗かな???

ちょっと、ワクワク、ドキドキの出発なのです!

いきなり!急登を強いられます!うへっ!

登山口の案内板
登山口

いきなりの急登 で高度も上がる! ふぅ〜〜〜、、きつい〜〜!
 

次へ