中津湖

2010年2月11日

往復

 1時間

 

 

今日もあまりお天気が良くないみたいなので、山遊びは中止。岩見沢の帰路、先週訪ねてみようと思いましたが、吹雪いて行くことができ なかった「中津湖」

本日は曇天なり!国道275号線の「新石狩大橋」を過ぎて直ぐに、石狩川堤防を左折します。そのまま道なりに走行すると堤防の上に出ます。

車が2台止まっていて、石狩川河畔で、カラフルなパラグライダーで、風を受けて、スノーボートをしている2名の方がいましたが、風がなく、、難儀していました。これって、なんて呼ぶスポーツなんでしょうかね?

篠津川のほとりにひっそりたたずむ中津湖の由来は、江別市の中島地区の「中」と篠津地区の「津」からとったそうです。

ヘラブナ釣りの好適地としても名が知られています。

  ん?大きな看板があります。スキートレースが2本!カンジキをつけて、、看板のあるところまで、歩いていきます。

湖沼は、ふたつに分かれており、その外周をぐる〜〜と、周って見ようと思います。堤防出発地点から約1.2kmの外周ウオーキング出発〜〜〜!

段々とお天気が良くなってきますし〜〜風もなく、快適な湖沼ウオーキングになりそうです。

でも、あのパラグライダーにとっては、風もなく、じっと待っているのだろうね。

スキートレースが、大雪原に湖まで筋となって伸びています。

葉のなき木の陰が雪原に映って綺麗〜〜

テクテク歩いていくと、、湖に着きます。

堤防から湖沼を見下ろす。
篠津川・中津湖の案内板

駐車地点を振り返る 中津湖!
 

次へ