岩見沢 利根別自然休養林

2010年2月7日

登り:

駐車地点〜中央園地(あずま屋)= 52分

下り:

中央園地〜駐車地点= 50分

ここのところの週末は、大雪が降り、気温も低くてどこへも行っていない。

本日も、起床して窓を見ると雪が舞い、風の音が聞こえる。。「今日も、、雪かきかな?」しかし、体がうずうず〜、、天気予報を確認すると、昼頃から岩見沢方面が回復気味?

しばらく訪れていない「利根別自然休養林」で野鳥でも見てこようか?

遅めの9時30分に風が強い江別を出発します。気温は高めで、道路の雪が解けて います。

10時15分に現地の駐車場に着きます。数台の車が駐車しており、コースを見に行くと、歩くスキー、つぼ足トレースがしっかりついています。長靴で十だね、、と、カンジキを背負って準備OK!、、、と、、、、目の前に看板が、、、、「車上狙い注意!」  車に防犯装置をセット!

10時30分に駐車地点を出発します。雪がしっかり固まって長靴でも十分歩きやすい 雪の遊歩道をテクテク8分ほど歩いていくと「入り口」のアーチがあります。「ようこそ利根別自然休養林へ」。

風もなく、快適な出発です。

確か、この森の入り口付近に「エゾフクロウ」がいるとか・・・野幌森林公園では、番いのエゾフクロウを見たことがありますが、ここも番 いなのかな?

テクテク、テクテク、、、歩いていくと、、左手にロープが張ってある箇所に辿りつきます。<野鳥が生息しているために、ここから立ち入らないでください>との案内板が数枚立てかけてあります。  と、、、ふと、、左に目をやると、、、、おっ!

エゾフクロウが一羽発見!大きな望遠レンズで覗き込んでいるカメラマンが一人います。静かに、見ましょう〜〜♪〜

駐車場
コース案内板(最後のページに大きくしています)

トレースを辿ります。 木製アーチ
 

次へ