佐幌岳

(1059.5m)

<狩勝峠登山口コース>

        


 登り  2時間30分n    
 下り  1時間40分    
 

本日は晴天なり!5年前の2007年6月に、はじめて登った「佐幌岳」。

初夏の清々しい稜線登りは記憶に新しく、残雪時の木々のない稜線登り

は景観も良く気持ちが良いだろうねぇ~~、、一度残雪期に登ってみた

いものダネ、、なんて、本日の晴天での決行となった訳であります。

江別を6時に出発し、桂沢湖経由で富良野~南富良野の国道38号線を

走行、狩勝峠へと向かいます。3年前に登った吹雪の「狩勝山」の取り付

け地点は、もう~雪が融けて笹の林道が見えます。

今年の峠の雪解けは早いのだろうか?遅いのだろうか?この時期の

「佐幌岳」の残雪の状態はどうなのだろうか?ちょいと不安ながらも、 8時

50分に狩勝峠に到着します。車を峠の茶屋の横、夏道登山口前に駐車。

峠の茶屋のご主人が、開店の準備中!スピーカーからは、ワタシの記憶

にもない古い歌声が流されております~♪~~♪~ (^^ゞ

風が強く、薄いアウターを着ます。長い稜線登り。風は大丈夫かな?

登山口入口の斜面には雪が残っておりますが、上に上がると雪がとけて

が確認できます。

さぁ~~カンジキを背負って、ツボ足で9時10分登山口を出発でぇ~~す。

久しぶりの土の感触の夏道登山道歩き。、、、と、、、、夏道もつか

の間!たっぷり残雪尾根に一変するのであります。

ズボッ!!ズボッ!、、、、うはぁ~~~、だめだこりゃ~ × × 

すぐに、ザックに取り付けてあった「カンジキ」を取り外して、装着します。

 (´▽`)

OH!快適!快適~☆~ さぁ~~待望の残雪稜線へ GO!

 狩勝峠「佐幌岳」登山口
 夏道が顔を出しています。

 カンジキを装着

 たっぷりの雪


次へ