泥ノ木山

(903.8m)

 


登り 2時間40分
下り 1時間 30分
 

昨年5月13日に未踏の「泥ノ木山」に挑戦でしたが、山頂直下が雪がとけて数十メートルの藪こぎが強いられるため断念!

yamaさんから、この山に登るよ~~、、とのことで、急遽予定を変更して同行することしました。午前8時にトーマルトンネルの除雪車旋回場 で待ち合わせ。

5時45分に江別を出発して、maさんreyさんをピックアップ。

小樽まで走行中は晴天なり!しかし、古平に入ると、、周りの山々はに濃霧がかかっています。この濃霧!消えるには時間がかかるなぁ~~、、遅めの出発の方がいいみたい。当丸峠をエンジンをふかしながら上っていきます。yamaさんのことだから、もう~とっくに待ち合わせ場所についているはずです。8時に待ち合わせ場所に着くも、、あれぇ~~、、yamaさんたちが着いていない!待ち合わせ場所を間違った?、、まさか!携帯電話を掛けるが、、なんと!なんと!「圏外」!、、、10分、、20分、、、30分、、ちょっと戻ってみようと車に乗りかけたところ、F田さんの車が到着します。「いやいや~~遅くなってごめん!市内が混んでいたもので、、」yamaさん、F田さん、fujiさん、kumaさん、satoさんが車から降りてきます。

「いやいや~~お久しぶり~~」濃霧は相変わらず変化なし! スノーシュー、カンジキをザックに背負って、8時45分、当初よりちょっと遅めに出発なのであります。※濃霧だから遅めの方がいいね!※

今年は。この辺も雪が多く、昨年の5月13日に比べても、3倍?いやいや4倍ほどの残雪があります。この雪の多さだったら、泥ノ木山も残雪たっぷりで藪こぎなしかもね! (^^ゞ

maさん先頭に、たっぷり残雪のトーマルトンネル脇を歩きます。やがて、夏道登山口に着きます。

トーマルトンネル 除雪車旋回場
トンネル脇を歩く

あぁ~~濃霧が、、、

夏道登山口

 

次へ