オロフレ山

 (1230.8m) 

〈オロフレトンネル壮瞥ルート〉

 


登り 2時間38分
下り 1時間30分
 

昨年同時期に駐車場まで来ましたが吹雪のため断念した、花の「オロフレ山」

本日は、maさんが再度挑戦したいとのことで、今年初めてのsaさんもお誘いして、江別を6時30分出発します。支笏湖経由で美笛峠をとおり、大滝に入ると、先々週に登った「徳舜瞥山」の綺麗な三角錐の山容が見えます。お天気は午前中が晴れマークなので、早めに出発したいのですが、峠のゲートが9時に開くため、早めの登山は無理。

晴天下の乾いた道々洞爺・登別線道路を快調に走行し、ゲート前に8時35分と早めの到着なのです。車を降りて、周りを見ると、、羊蹄山の真っ白な頂が見えますネ~~。時間があるので、登山靴に履き替え、先週から使用しているmaさんお手製のスパッツを装着します。うふっ!「Countryman」の刺繍もしている優れスパッツなのでありますよ~~(*^_^*)

午前8時57分に関係者の車が来て開錠~☆~

一路、オロフレトンネル手前の駐車場まで走行します。いやいや~~天気がいいねぇ~~☆~

駐車場に着き、車から降りると~~おぉ~~~~真白きオロフレ山が見えます!おほぅ~~最高のお天気じゃ~ないですかぁ~~。。

一台の車が駐車していて、ピッケルを持った男性が出発しようとしています。

「どのあたりから取り付くのですか?」「あっちだよ」、、と、、何度もオロフレ山を登っているようすの男性です。

先に、男性が出発します。取り付け箇所は駐車場とトンネルの間辺りからと考えていました。昨日のスキートレースはありますが、先行者の男性さんの足跡が見当たりません。

夜間通行止(4月26日まで) 午前9:00開錠
お手製のスパッツ

駐車場

駐車場からのオロフレ山

 

次へ