紅葉・黄葉

(1017m)
【 尾根コース 】

 


登り 

:2時間25分

下り

:1時間45分

 

13年前の11月24日に登った「乙部岳」。当時は、沢コースから登り、下りは尾根コースで、下りの尾根コースの登山道が、ブナの落葉でふかふかで気持ちの良い下りだったことが印象的だったのです。尾根コース中腹あたりのブナ林の紅葉を見てみたいものです。、、、が、 秋の乙部岳の登山情報が少ないのであります。(^_^;)

乙部岳に行くなら、以前テレビ放映されていた、せたなにある「太田神社に行って見ようよ、、と、eriさんのリクエストに答えるべく、今金~せたな経由で乙部の町へと向かいます。シュラフと毛布を車に積んで、江別を遅めの出発!

走行途中で、せたなの街では、「産業まつり」が行っており、ちょっと立ち寄ってみよう~と、会場に着くと、観客さんたちが、固まっている?、、なんだべ?、、近づくと、ビンゴゲームの最中で、お店の人も、観客も、ビンゴに夢中で、だれも動かず。。^_^; 野菜、果物が安いのですが、、ビンゴゲームに夢中のお店の人に、、「あのぉ~~ ゲームの最中ですが、これ買ってよいですか?」「いいよ!どうせ当たらないから、、、」、、と、、言いながらも、番号を聞いて、カードに穴を開けておりました。^_^;

せたなから、昨年、道々740号線の「太田トンネル」が開通して(全長3,395mは道道のトンネルでは最長です。)海岸線沿いに、 くねくね曲がったトンネルを抜け、「太田神社」に着きます。太田神社編は後述で、、・・・(*^_^*)

冷や汗の太田神社をあとにして、冷や汗を流すために 「おとべ温泉 いこいの湯」で入浴。ただいま宿泊施設を新築中でありました。

本日のお宿は、「道の駅 ルート229元和台」なのであります。夜中トイレに行くと、3台の車が泊まっておりました。登山かな? ^_^; 午前6時目が覚める!元気の出る!朝カレーを食べて、さぁ~~出発です!本日 も晴天なり ☆道の駅から、乙部町に向かって走行。鳥山地区に入り、案内板のある「富岡」へ行く道々1061号旭岱鳥山線 を左折し、終点 の十字路をそのまま直進して、姫川沿いの道々4016号線姫川林道を上流側へと走行します。

道の駅 ルート229元和台
「道々1061号線」富岡方面へ左折(乙部岳の看板もあり)

1061号線終点。十字路を直進(道々4061号線:姫川林道に入ります)

「この先乙部岳方面3.5km」の看板

次へ