イチャンコッペ山

(828.9m)

(ポロピナイコース)

 


登り:

1時間51分

下り:

1時間27分

 

江別工業団地組合 山登り同好会の9月は、昨年雨のため途中撤退を余儀なくされた、リベンジ!「イチャンコッペ山」です。

山名の由来は、アイヌ語で「サケ・マスの産卵する川」を意味するそうです。(ウィキペディア引用) 因みに三等三角点名は「一安公岳」。

8時に、南区の国道453号線沿いにある常磐の除雪センターで待ち合わせをします。

8時前に全員マイカーで集合。

国道453号線を支笏湖に向かって走行します。支笏湖まではカーブが多く、道路は追い越し禁止なのでありますが、バイクが多く、そのほとんどが、走行の車を追い越していきます。警察はこういう無謀なバイクを取り締まってほしいものですわ~~、、

登山口近くにヘアピンカーブ沿いに展望台駐車場がありますが、この時間帯なら、、混んでいるかな??、、

ちょいと不安げに駐車場に着くと、空いておりましたわ~  ホッ!(^-^)v

7台の車を駐車し、準備!出発と同時に、大型バスが一台着き、ぞろぞろと登山者さんがバスから降りてきて、登山の準備をしはじめます。30名位はいるね!

こりゃ、大変だわ!先に登らねば!(・・;)

円陣を組んで、nakamura会長さんの挨拶のあと、8時42分に駐車場を出発して、ヘアピンカーブ沿いの歩道をテクテク歩いて、、

8時44分登山口を18名で、出発でぇ~~す。

ヘアピンカーブの展望台駐車場
準備中!

登山口まで歩きます

登山口

 

次へ