馬追丘陵縦走

 

文学碑~長官山~瀞台~馬追の名水

 


登り:

出発点~長官山(25分)~馬追温泉(28分)~瀞台入口(3分)~瀞台山頂(50分)=1時間46分

下り:

瀞台山頂~馬追名水口=50分

 

本日はどこも天気悪し!

こんな時には、来週の江別工業団地組合の登山もあるので、近場で足慣らし登山としましょう~。

支笏湖近郊よりは、長沼の方が雨の心配がなさそうだし、昼からは晴れマーク☆なので、はじめての「馬追丘陵」の縦走です。

馬追丘陵は、冬季に登ることがことが多く、長官山、瀞台とも、ピストン登山です。(長沼スキー場から長官山往復。馬追の名水から瀞台の往復。)

本日は、馬追の名水に2台駐車し、長沼スキー場まで車一台で行き、ここから出発して、馬追の名水登山口に下るプチ縦走です。

8時半に道の駅マオイの丘で待ち合わせし、馬追の名水まに行き、2台駐車し、車一台で、長沼スキー場に向かいます。長沼スキー場まで、あと2km地点で、、、「あっ!デジカメを車に忘れました~~」、、すんませぇ~~ん、、と、、再び、馬追の名水まで戻って、再び、長沼スキー場へ。。ヾ(・∀・;)オイオイ

長沼スキー場は冬場しか行ったことがないので、無雪期の道路状態が分かりません。スキー場に着くと、アスファルト道路が続いていますね。冬に登った時は、スキー場の駐車場に車を駐車して、広い除雪された道路をテクテク歩きましたが、その歩いた道路は舗装道路です。

ちょっと、楽して、、その舗装道路を車で行ってしまいましょう~(^^ゞ

スキー場横を通り、丘陵尾根まで走行。左側に「マオイ文学台」の看板がりますので、道路脇の車が2~3台が停めれる駐車帯に駐車します。ここから出発です。

長沼スキー場入口
スキー場横の道路を直進

そのまま尾根に上がる道路

尾根下に駐車

 

次へ