むかわ町/厚真町

佐主岳

(さぬしゅだけ)

(618.6m)

(炭鉱厚真川林道:NO107林道ルート)


登り:

林道入口~登山道入口(1時間15分)~山頂(1時間10分)=2時間25分

下り:

1時間35分

 

またまた、週末天気不順!なんとか「胆振地区」が曇りながら雪の降らない予報なので、久しぶりに「坊主山」でも と計画しましたが、、坊主山は何度も登っているので、、、以前から気になっていた山!「佐主岳」に登ってみよう~

「佐主岳」の山名 の由来は、山から流れ出た枝川が合流するサヌシュペ川に因るらしい。サヌシュペは、アイヌ語でサヌシペツ(流れ下る川=奥に沢山の小沢があり、それが合流して流れ下るの意)。

朝、江別を出発!うそだろう!真っ青な空に眩しく輝く太陽 ☆ 札幌近郊の山々もくっきり見えます!天気予報が見事にはずれた!

8時半に道の駅マオイで、待ち合わせし、悪路の長い林道走行 が強いられそうなので、sasakiさんのランドクルーザーに同乗します。厚真町から穂別への道道74号線を走行し、穂別の街を通り抜け「キウス橋」を渡るとすぐに、 バス停「キウス」がある「 炭鉱厚真川林道」へ左折します。鹿打ちの車でしょうか?林道にはしっかりとしたタイヤの跡がついています。「炭鉱厚真川林道=むかわ町稲里(キウス)~厚真ダムまでの約22km」

ここから約8.6kmの林道を走行です。アスファルト道路は直ぐに終わり、雪解けの水溜りの林道走行!どろんこ凸凹林道を走行します。いやいや~普通乗用車では、絶対無理だね! やがて、林道が二股になり、左側には施錠された「北海道ガス油田㈱」の看板があります。ここは、右の林道を行きます。おっ!開錠されたゲートがあり、ここに入林届があります。届 出箇所には、狩猟、登山がり、もちろん登山に○です。エゾ鹿の狩猟が、10月1日から平成28年3月31日までですので、 積雪林道には、しっかりつけられた幅広い車のタイヤの跡がついています。
車一台がようやく通れる林道!日蔭の林道の路面はテカテカのアイスバーンで、おまけアップダウンあり、ヘアピンカーブも数箇所あり、ランクルの威力発揮ですわ!慎重に滑る路面を運転しますが、、神経を使いますわぁ~。

林道ゲート「107」の手前に車を駐車します。ほっ!ここまで、8.6km、40分かかりました わ。^_^;

道道74号線から「炭鉱厚真川林道へ右折
林道二股(右の林道へ)

悪路の始まり!

林道ゲート 入林届あり

 

次へ