馬追丘陵

瀞台

(273m)
 

(馬追名水夏道コース)


登り 

:1時間13分

下り

:50分

 

前日の土曜日の天気予報は、登別、室蘭方面が幾分良いような予報なので、未踏の白老町竹浦から登る「窟太郎山」に登ってみよう。予備に、カルルス氷筍、来馬岳のルートをGPSにインプット。本日はmuさん今年の登りはじめなのであります。(^^)

当日早朝の天気予報も、登別・室蘭方面は、良い天気のようなので、予定通り、朝の6時30分に江別を出発します。

札幌近郊の山々は真っ黒な雲の中ですが、これから向かう、苫小牧方面は紅黄色に染まる朝焼け ☆ こりゃ~いいぞ!ウキウキ~のドライブなのでりますわぁ~

江別から274号線を走行して、道の駅「マオイの丘」手前の信号から337号線に入ります。空は雲一つなく、オレンジ色の日の出が昇る!高速道東道の千歳東ICの方に向かい、ICの との信号を左折して「道央圏連絡道路」に入り、高速道路並みの道路を快適に千歳へ走行し、千歳から国道36号線に入ります。ここまでの所要時間は 35分!(江別から苫小牧方面まではこのルートが一番速いのです。)

ウトナイ湖も大晴天苫小牧の街に入ると、室蘭方面からくる対向車は雪まみれなのでありますわ~、なぬ!?ここは天気が良いのに、、?

ふと、これから向かう室蘭方面の空を見ると、真っ黒な雪雲!苫小牧の青空とくっきり境ができていているではありませんか。苫小牧市糸井まで来ると、対向車はライトを点灯して走行!真っ黒な雲からたっぷりの雪が降ってくるのですわぁ~ なんだ!?なんだ!?嘘だろう!まさか!?苫小牧は、大晴天なのに~~(T_T)

白老まで走るか?それとも、引き返すか?引き返すにも、どこの山登ろうか??、、、思案しながらの降雪国道の走行!この雲行きでは、白老は無理!しかなくUターンを決断!支笏湖方面を見るも、、黒い雲がかかっている。途中に通ってきた長沼あたりは、晴天なので、急遽、馬追丘陵を登ることにして、たったいま、走ってきた道をふたたび走るのであります。(T▽T) Uターンだべぇ~

馬追の名水
名水横が登山口

いい天気だね~

案内板

次へ