後志

後方羊蹄山

(1,898m)

1日目:

登山口~避難小屋(5時間) 避難小屋~山頂 (1時間20分 帰り:(58分)

2日目:

 避難小屋~京極ピーク(50分)~旧避難小屋(40分)  避難小屋~登山口(2時間58分)

 

羊蹄山のトワイライトな夕陽と、日の出、そして影羊蹄山を見て見てみたい。sasakiさんの羊蹄山登頂10回記念。muさんとeriさんの登山歴10周年記念の羊蹄山です。

事前に、倶知安町役場に昨年6月の新「羊蹄山避難小屋」の宿泊情報を聞くと、まだ宿泊者からの問い合わせは無いという。新避難小屋の収容人数は40名で、旧避難小屋の100名に比べても、宿泊人数は減りました。基本的には、小屋の予約は出来ないものの、20日に宿泊の旨を伝えます とのこと。

朝、5時に起床。真狩観光協会の羊蹄山のライブカメラを見ると、雲一つない羊蹄山の勇姿が見ます。これは!いいぞ!(´∀`)

午前5時45f分に江別を出発。sasakiさんとの待ち合わせの中山峠に9時到着。

中山峠から見る羊蹄山は、山頂までその山容を見ることができますが、西側斜面には、雲がかかっております。

喜茂別の街に入ると、羊蹄山がより大きく見えますが、、相変わらず、登山コースである西側斜面中腹あたりには雲がかかっておりますね。

車窓からでっかい羊蹄山を見ながら、登山口である「羊蹄自然公園」へ向かいます。

登山口駐車場に着くと、なんと!なんと!ほぼ満車状態。駐車場隅の駐車スペースには駐車できず、中ほどの駐車します。準備をしていると軽自動車が到着し、男性が、避難小屋泊とのこと。

大き目のザックを背負い、8時12分、駐車場を出発し、アスファルト道路をテクテク歩いて、8時19分登山口に到着します。きになるのが、避難小屋の宿泊者。お一人だけが宿泊記帳しております。8時20分まずは、避難小屋を目指しましょう~

登山口駐車場は満杯 ★
キャンプ場のアスファルト道路を歩く

駐車場を出発

登山口

 

次へ