中山峠

庚申草山

【  定山渓トンネルルート 】

 (920m標識山頂) 

 


登り:

2時間35分

下り:

1時間12分

 

先週行くはずだった、中山峠「庚申草山」の定山渓トンネルルート。

先週末に札幌近郊に降雪があったので、おそらく中山峠も新雪たっぷりのことでしょう~

いつもの通り、豊滝除雪センターで待ち合わせをして、先週に定山渓トンネル近郊の除雪状態を確認しておりますので、車2台で、定山渓トンネルへと向かいます。

本日は、天気予報がまた、はずれて大晴天也!

定山渓温泉を過ぎて、「無意根大橋」を渡る手前のパーキングで車を止め、真っ青な空をバックに、真正面に見える尖った「庚申草山」を仰ぎ見るのであります。

この辺から登れば近いのですがね。。(^^ゞ 下に流れる薄別川を渡らないとね。。やはり、無理なのかね?

この庚申草山は、積雪時に中山峠の道の駅から登っていますし、一昨年は、はじめて夏道で登ってきました。

また、定山渓トンネルからは、一昨年に無名峰の880m峰まで林道と送電跡から登っていますので、今回がはじめてではありません。※庚申草山までは、はじめてです。

今回のルートは、定山渓トンネルから林道を歩き、林道ヘアピンカーブから林道をシュートカットして、再び林道歩き。長い林道を歩くと、夏道コースとの分岐点があるので、夏道コースへ行き、途中から夏道コースを離れてシュートカットして、山頂直下へ行きます。そこから山頂を目指す予定なのでります。今回は、GPSと新しく入手したyamapをタブレットに入れてのyamapテストトレッキングなのであります。タブレットでうまく、ログがとれるかな?

定山渓トンネル喜茂別側右手に広い除雪車旋回スペースがあり、この端に車を停めます。

国道230号線中山峠 無意根大橋からの庚申草山
定山渓トンネル喜茂別側

除雪車旋回スペース

トンネルまで歩く

 

次へ