伊達市

稀府岳

 

 


登り:

1時間40分

下り:

1時間09分

 

本日は晴天なり!☆

本日は、真夏の稀府岳です。

この山に登った最初は、夏道のなかった残雪期。

展望良好の大雪原斜面とニセピークからの雪屁稜線の登りで山頂へ!小粒ながら展望の良さは一級品デス。

地元山岳会の整備で夏道が出来た情報で、夏道でも登りましたが、やはり、笹斜面からのパノラマ展望は最高 ☆

この時期の夏道の状態はどうだろうか?

登山口から稜線までは、きっと登山道脇の草木が登山道を多いかかぶさっているにちがいなく、ひょっとしたら、ダニ攻撃に遭遇するかもと、、万全な対策で挑みます!(^^ゞ

某秀岳荘のセールで購入したオニューの登山靴での足慣らしも兼ねての真夏の稀府岳です。

7時に江別を出発します。高速に乗り、室蘭ICで、おり、国道37号線を伊達方面に走行。

まるで、恐竜のコブのような山並みが見えてきます。

国道左手に「エネオス」ガソリンスタンドのある信号を右折し、高速高架をくぐりぬけて、舗装道路が途切れる道を左折すると「稀府岳登山口」です。

土曜日で、この暑さももあり、登山口に車はなし!一番のりのようですね。

車から降りると、、じりじり照りつける太陽光が眩しいのでありますわぁ~ こりゃ~暑くなりそうですね。☆

登山口
暑い太陽が、ジリジリ~~ ★

オニューとの登山靴

記帳

 

次へ