恵山  

 

早春の恵山

朝の、海浜公園キャンプ場の駐車場は、満車!

すべて車中泊です。

 

風も無く、気温も高く、海は、まるで瀬戸内海のような凪。

元気の出るカレーを食べて、駐車場を出発します。

 

「賽の河原駐車場」まで、走行。

駐車場につくと、流石、まだ、花の時期には早く、車もまばらに停まっています。

初夏を思わせる陽気 ☆、、、早速、準備をして、8時05分駐車場を出発します。

噴火の岩屑のなだらかな斜面を登っていきます。

コースは、一般的な「権現堂コース」で、全長2.6km・標高差295mです。

軽装スタイルの家族連れさんらしきグループを追い抜いて、どんどん高度を上げていきます。

この山は、活火山で、いまだに噴煙が上がり、火山で形成された、溶岩で出来た奇怪な岩があちこちに点在していて、その溶岩オブジェを見ながら登る楽しみもあります。

いやいや、登山者が少なく、静かですわぁ〜

小さく、ジグをきりながら、大きなジグをきりながら、様々に形に見える溶岩オブジェを見ながら、、、

ん?、、あれは、ゴジラ似だね。。おっと、こっちは、アンギラスか? ナキウサギにも似ているネ。

高度が上がり、椴法華の灯台公園を、凪の海に浮かぶ、ブイが、ハートの形になっています。こりゃ〜白い恋人のCMにでも使えそうな形ですね。(^_-)-☆

先行者さんは、4名さん、次々と下山してきます。

後ろを振り向いても、誰も登ってきませんね〜

 

高度が上がり、視界展望良好 ☆

これから登る「海向山」も見え、その奥には、横津岳も見えます。

9時05分 山頂標識の有る山頂に到着です。

 

前回、この山頂を訪れたときは、虫に悩まされたことを思い出しました。。

 

恵山権現堂まで行き、展望を堪能します。

眼下に、恵山の街並み。

津軽海峡景色〜〜〜〜〜 ♪

 

下北半島も、真近に見えます。

9時10分下山開始です。

 

下山時にようやく、登ってくる登山者さんたちにお会いしました。

10時05分に海向山登山口に到着です。

 

さぁ〜〜、今度は、海向山へ登りましょう〜

 

 

次へ