糠平湖

タウシュベツ川橋梁

【 五の沢ルート 】

 


登り:

40分

下り:

40分

 

明日の天気予報は、十勝晴れのようである。☆

1月に顔を出し始めた、糠平湖にある幻の橋梁「タウシュベツ川橋梁」に行ってみよう。

国道273号線を糠平温泉に向かい、途中に、音更川とホロカ川の合流地点に架かる、糠平湖北側の「丸山橋」に立ち寄る。林道が除雪されているが、5~60mで通行止めのゲートがあり、古いスノーシュートレースがある。

むむむ、、ここからの入林は無理だな。

車を走らせ、左手に「タウシュベツ展望台」があるが、もちろん、冬季は除雪されていない。

いつもの、ワカサギ釣りの入り口でもある「五の沢」まで行くと、車が数台駐車しております。ワカサギ釣りが解禁になったので、おそらくそのほとんどが釣り客でしょう。

車を、糠平温泉まで走らせると、糠平スキー場には、多くのスキー客がおります。

ありました!「ひがし大雪自然館」。4年ほど前に、ひがし大雪ガイドセンター・博物館が国と、上士幌町で一体化して建てた、「ひがし大雪自然館」です。

いやいや、、立派な施設ですね~、博物館にあった展示物もしっかりと展示しておりました。

館の案内の女性とお話。現在の「タウシュベツ川橋梁」の状況の写真を見せていただき、また、ニペソツ山への、杉沢林道復旧の嘆願に署名して、ふたたび。「五の沢」まで行きます。

国道両脇に駐車スペースには充分な空きスペースがあり、念のためにスノーシューを担いで、11時20分に4度目の幻のタウシュベツ川橋梁トレッキングへ出発!

ひがし大雪自然館
五の沢

入口を出発

しっかり固まったトレース

 

次へ