( 視線は右往左往 )

 

青空は、全くなし!

 

鉛色の低雲が漂っているだけ。

 

登山林道を登りながら、

山菜視線は放たれるのであります。

カーブの林道に差し掛かると、、

登山道の斜面と反対側の切れ落ちた斜面には、、

食べ頃のフキがてんこ盛り〜〜〜!

ここだね!

下山時にここで採りましょう〜

 

( フキの谷斜面 )

 

反射板広場に到着します。

 

( 反射板 )

 

このあたりに、大きな山の案内板があるはずですが、、、

ありました!

ありました!

 

せっかくの案内板は、

相変わらず、放置されたままデシタ。

 

登山届にある「ご注意ください」の案内があるにもかかわらず

入林届がある。

(自己責任での入林届けか?)

 

浦臼山には、浦臼ライオンズクラブの山頂標識もありますし、

もっと、この浦臼山を整備したらどうかな?

 

浦臼町の観光ガイドマップにもしっかりと

浦臼山をPRしているではありませんか、、

 

昔は、林道を走行して、

山頂付近からハンググライダーのジャンプ台になっていたそうです。

十数年前にはじめて登ったときに、ジャンプ台の跡がありました。

 

 

( いつもの倒れた案内板 )

 

 

次へ